俳優キム・スヒョン、2015年は申し分なかった![KBS 演技大賞]

201601010242775478_568569ad9715a

俳優キム・スヒョンが、2015年を振り返ったらこう言うことだろう。申し分なかったと。「ド・ミンジュン」の負担を振り払って「パク・スンチャン」で悠悠と飛びあがったキム・スヒョンは、最後の日に大賞のトロフィーをひとつ追加して1年で3個のトロフィーを獲得した。

キム・スヒョンは、31日午後からソウル汝矣島(ヨイド)のKBSホールで開催された「2015 KBS 演技大賞」で、KBS 2TVのドラマ「プロデューサー」で栄光の大賞を受賞した。キム・サンジュン、ソ・ジソブ、チャン・ヒョク、チョン・ジェヨン、コン・ヒョジン、キム・ヘジャ、シン・ミナ、チェ・シラなどそうそうたる先輩を抑えて登った王座だったほどに多くの視線が傾いた。
この大賞でキム・スヒョンは、「プロデューサー」で「2015 コリアドラマアワード」、「2015 APAN スターアワード」に続く3度目の大賞という快挙を成した。

何といっても「プロデューサー」で得た大賞という点で、キム・スヒョンは「チャレンジ」に対する確信を得るようになったわけだ。キム・スヒョンは去年、SBSドラマ「星から来たあなた」が平均視聴率28.1%を記録して人気の頂点に達した。そして自身の全盛期を1年目にして再び更新した。
俳優が作品に出会うということは特別な幸運であると同時に、前作を越えなければならないという心理的な負担も一緒に伴う。だから大きな人気を呼んだキャラクターに似たキャラクターを選択するという安全な道を行くという方法もある。

しかしキム・スヒョンは、堂々と「チャレンジ」を選択した。芸能局で製作したバラエティドラマという全く新しいスタイルのドラマにチャレンジしたのはもちろん、シニカルな異星人ド・ミンジュンからちょっと間の抜けたような新入PDパク・スンチャンという180度違う演技で変身した姿を公開した。

その変化に対する負担をキム・スヒョンは授賞台に上がった当時何度も打ち明けた。今度も彼は「ド・ミンジュン」で愛されて、今度の「プロデューサー」ではパク・スンチャンという違うタイプのキャラクターを引き受けてからは、失敗したらどうしようかとたくさん心配したようです。良い演技をお見せしたいのにいつも怖気づいてしまいます。失敗してもずっとチャレンジします。失敗しないように一生懸命努力します。見守ってください」と伝えた。

幸い彼のチャレンジ精神に視聴者も視聴率で応え、大賞という大きい成果も帰って来た。キム・スヒョンは、KBS 2TVのドラマ「プロデューサー」を全国基準17.7%の視聴率で終了して名実共に「KBSの孝行息子」になった。
今後キム・スヒョンは、荒々しい男「チャン・テヨン」で再びチャレンジする。同じ場所に安住しないで常に新しいものを見せようとする彼のチャレンジ精神は、結果と関係なく拍手を受けるにふさわしいものだ。

2016.01.01

blank