JYJユチョン、「匂いを見る少女」で成し遂げた2冠王!「2015 SBS 演技大賞」

article

JYJパク・ユチョンが、「2015 SAF 演技大賞」で最優秀賞と10大スター賞を受賞した。
C‐jeSエンターテイメントは、「ユチョンが去年12月31日の午後9時からソウル三成洞(サムソンドン)COEX Dホールで行なわれた『2015 SAF 演技大賞』で最優秀賞と10大スター賞を受賞した。 ユチョンは、共益勤務要員として服務中で授賞式に参加できなかったが、SBSドラマ『匂いを見る少女』で最高のキャラクターを完成したという評価を受けて2冠王の快挙を成した」と、1日に明らかにした。

ユチョンは、5月に終映した「匂いを見る少女」で初回から体当たりのアクションと多くの話題を集めたコミック演技と、ドラマへの集中度を高める纎細な感情表現まで完璧にやりこなして過去見ることが出来なかった最高のキャラクターを完成した。またユチョンは、好きな女性の前では無愛想にふるまうが、実はかげでは様々な方法で神経を使い、適切なタイミングで男らしいキスを公開するなど「男の定番」という評価を受けて純度100%の恋人演技で去年の春、女性視聴者をときめかせた。

ユチョンは、2010年 KBS2のドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」でデビューして様々な作品で活躍して放送3社で新人賞、優秀賞、最優秀賞などを総なめするなどグランドスラムを果たし、今年SBSで10大スター賞と最優秀賞を追加した。また映画「海にかかる霧」では、第51回百想芸術大償、第35回青竜映画賞を含む新人賞9冠王をつかむなどスクリーンとブラウン管を行き交いながらその演技力を認められた。
現在ユチョンは、共益勤務要員として服務中だ。

2016.01.01

blank