カムバックB.A.P「ファンがいたから耐えられた」

BAP

B.A.Pが15日午後、ソウル・東大門デザインプラザで、4thミニアルバム「MATRIX」の発売記念カムバックショーを開催。約2000人のファンを熱狂させた。
バン・ヨングクは「本当に久しぶりです。元気でしたか? 僕たちももちろん元気でした」とあいさつした。
また、メンバーは「旅行にもたくさん行ってきたし、友達にもたくさん会いました。家族とも楽しい時間を過ごしましたが、一番たくさんしたことは、やはりBABY(B.A.Pのファン)たちのことを考えること」と伝えた。
特に、彼らは「特別な意味を持つアルバム。1年半の間、かなり大変だったけれど、皆さんがいたから、耐えることができました。このような経験を通じて、作られたアルバム。総プロデュースは僕たちのリーダー、ヨングク兄さん」と説明。ヒムチャンは「今はすべてがうまく解決した」と話した。
今回のアルバムは1年9カ月のブランクを経て、カムバックするものでファンの期待が高い。バン・ヨングクは今回も作詞、作曲、編曲や全体的な構成に参加し、ジョンアプとZELOが振り付けを担当した。「MATRIX」は16日0時にリリース。

2015.11.15

blank