[韓国映画]BoA、映画「官能の法則」にカメオ出演へ

[韓国映画]BoA、映画「官能の法則」にカメオ出演へ

韓国歌手BoAが映画「官能の法則」(原題)にカメオ出演すると所属事務所SMエンタテインメントが6日、明らかにした。

BoAは来月公開する「官能の法則」でヒロインのうちの1人であるミヨン(ムン・ソリ)の隣に住む女性として登場するという。

「官能の法則」は「第1回ロッテエンターテインメントシナリオ公募展」で大賞を受賞したイ・スア作家のシナリオを映画化した作品だ。40代の女性たちの率直な性への話を扱ったコメディーで、オム・ジョンファやチョ・ミンス、ムン・ソリが主演を務めて、クォン・チルイン監督がメガホンを取った。

BoAは昨年KBS2TV短幕劇「恋愛を期待して」に出演し演技力を認められており、年末に開かれた「2013KBS演技大賞」の短幕劇部門で受賞した。

しかし、スクリーンに出演するのは「官能の法則」が初めてだ。

先立ってハリウッド映画「COBU 3D」の撮影を終えたが、まだ公開されておらず、先月27日から撮影している映画「ビッグマッチ」(仮題)は下半期に公開される予定だ。

「ビッグマッチ」はイ・ジョンジェ、シン・ハギュン、イ・ソンミンなどが主演で、韓国上位0.1%のためのゲームを制作した設計者と兄を救おうと身一つでゲームに飛び込んだ男性の対決を描いたアクション映画だ。

BoAは、何を考えているかわからないポーカーフェイスで相手を緊張させる謎の女性スギョンとして登場している。

(C)YONAP NEWS

2014.01.07

blank