CNBLUEミンヒョク、“メンバーの自作曲、作業方式も全部違う”

人気バンドCNBLUEが、メンバーの自作曲を比較した。
CNBLUEヨンファは、14日の午後4時からソウルにあるAX-KOREAで開催された2ndフルアルバム「2gether」の発売ショーケースに参加して「ピアノ、その他を活用して作業をします。最近は楽器音を録音して編集するなど、演奏で出せない雰囲気を出すために努力します」と言った。
続いてジョンヒョンは「いつかからヨンファは、トレンディで挑戦的な姿をたくさん見せました。僕は古めかしいことが好きです。ずっと過去にさかのぼろうとする傾向があるようです」と説明した。

メンバーの自作曲を今までたくさん聞いてきたミンヒョクは「ふたりの音楽を聞き比べると、ヨンファは粹で多彩な試みをたくさんするし、ジョンヒョンイはアコースティックな曲をたくさん書くようです。いつもギターを持っていて曲が出来る場合が多いです」と比較した。
2ndフルアルバム「2gether」は、約1年7ヶ月ぶりに発売された2ndを意味する数字「2」と「ともに」を意味する「together」を合成した単語で、CNBLUEの音楽を一緒に楽しもうという意味をこめた。

このアルバムには、ヨンファの自作タイトル曲「シンデレラ」の外にも「かくれんぼ」、「ローラーコースター」、「Domino」、「Hero」など合計11曲が収録されてより深まったCNBLUEの感性にあえる。

2015.09.15

blank