少女時代テヨン、ガールズグループのメインボーカルの域を超え『女性ボーカリスト』に

テヨン人気ガールズグループ少女時代のテヨンが、ガールズグループのメインボーカルの域を超え女性ボーカリストとしての道を歩んでいる。

所属事務所SMエンターテイメントの関係者は、10日OSENの取材に応じ「テヨンがソロアルバムを準備中であり、今年中に発表する」ことを明らかにした。

テヨンのソロアルバムは、今回が初めてである。これまでドラマのOSTやシングルで数多くのソロ曲を歌ってきたが、フルアルバムの発表は今回が初めて。

テヨンは、現在少女時代メンバーとして5thフルアルバム「LION HEART」で活動を展開している。その上、イム・ジェボムのデビュー30周年を記念するプロジェクトアルバムに合流し、「愛より深い傷」をリメーク。LENA PARK(パク・ジョンヒョン)の代わりにイム・ジェボムとデュエットした。

今年でデビュー9年目を迎え、女性ボーカリストとしてさらに成長し続けているテヨンが、どんなソロアルバムでファンを満足させてくれるかに期待が集まっている。

2015.09.10

blank