BIGBANG G-DRAGON、涙に濡れたカルビに“成功を決意した”と告白

사본 -201509072132776160_55ed89977a1670

BIGBANG G-DRAGONが練習生時代に、肉に関連した涙に濡れた事情を告白した。
7日の午後から放送された総合編成チャンネルJTBCのバラエティプログラム「冷蔵庫をお願い」では、G-DRAGONが冷蔵庫を公開する様子が放送された。
この日G-DRAGONは、MCに練習生時代に忘れることができない食べ物に関する質問を受けた。これにG-DRAGONは、一食の食事代が5,000ウォンと決まっていて肉を食べることができなかったので、先輩歌手のコンサートのコンバが肉を食べることができるチャンスだったと告白した。

G-DRAGONは、BIGBANGのメンバーと肉2人前を分けて食べた後、肉を追加しようと思ったらカルビがないと言われてがっかりしたと当時の思い出を告白した。そして、ヤン・ヒョンソク社長のテーブルには肉が途切れない様子を見て早く成功しなくちゃいけないと決意したと言って注目を集めた。
「冷蔵庫をお願い」は、出演者が自分の家の冷蔵庫を直接スタジオに持って来て、中にある材料で料理を作って対決をするプログラムで、毎週月曜日の午後9時40分放送。

2015.09.07

blank