BIGBANG、MVのヒット数で独走の1位!

201509051631776071_55ea9ba005d51

BIGBANGが、音源チャートはもちろん動画専門サイトYouTubeでも独走を誇っている。名実共にK-POPの王座は、BIGBANGが占めた。
5日の午後4時基準で、YouTubeでのBIGBANGの「LOSER」のミュージックビデオは、5800万ビューを越えた。 5月1日に公開されて4ヶ月間持続して人気をあつめながら記録した数字だ。少女時代、EXO、Red Velvet、防弾少年団などそうそうたるアイドルグループの中での1位だ。

これより一月遅く発表された「BANG BANG BANG」のミュージックビデオは爆発的な関心の下で5400万ビューを突破した。BIGBANGの歌が、音源チャートに続きミュージックビデオのヒット数の順位でも熾烈な1位争いをしている。
「LOSER」と一緒に発売された「BAE BAE」は、ヒット数4000万件を超えてこの部門で4位に上がった。 7月に発表した「SOBER」は、2600万ビューを越えて9位を記録した。10位圏内のBIGBANGの歌だけですでに4曲となる。

6月に発売した「We Like 2 Party」は、2400万ビューの越えて11位に位置した。一番最近発売した 「私たち愛するのをやめましょう(LET'S NOT FALL IN LOVE)」は、およそ56万ビューを加えてあっという間に2000万ビューを突破し、15位に入った。 G-DRAGONとT.O.Pのユニット曲「チョルオ(ZUTTER)」もやはりヒット数30万件を追加して1330万ビューで24位に安着した。
BIGBANGは、5月から毎月2曲ずつ新曲を出してこの夏を征服した。向かうところ敵なしといえるほどに音源チャートはもちろん音楽放送プログラム1位のトロフィーまで一気に総なめした。

BIGBANGの底力は相変らずだ。「完全体」のアルバムが公開される前なのに毎月出した新曲の人気がおさまっていない状態だ。YouTubeの順位でも特別に輝いているBIGBANGである。

2015.09.05

blank