女優パク・シネ、“オクスンボン(玉筍峯)にまた来た理由は、人ですよ”

201509050911778557_55ea340bad305

女優パク・シネが、「三食ごはん」をまた訪ねた理由は「人」だった。
tvNの「三食ごはん」が生んだキュートな「シネデレラ」パク・シネが、最後まで三食ハウスに活気を吹きこんで最後の活躍を繰り広げた。

4日の夜に放送された「三食ごはん」では、驚くべき腕前でとうもろこしを収穫してナPDから「機械のようだ」と言う賛辞を受けたり、トマトキムチに味付けカルビまで手早く料理するパク・シネの姿が放送された。特にトマトが旬だと言いながら即席で提案した異色レシピのトマトキムチは、オクスンボンの3兄弟を始めとして製作スタッフまで魅了し、イ・ソジン、テギョン(2PM)、キム・グァンギュなど三食ハウスの家族は、パク・シネが嬉しそうに出す料理を味わって嬉しそうに微笑んだ。

悪天候の中でのとうもろこしの収獲に活気を吹き入れるのもやはりハッピーウイルスパク・シネの出番だった。心から名残惜しそうに先にオクスンボン(玉筍峯)を去るパク・シネに、ごまの葉やトマトを持たせて見送るオクスンボンの3兄弟の表情には別れを心から惜しむ心が現われていた。
5月に引き続きオクスンボンを再度訪ねた理由を尋ねる製作スタッフにパク・シネは、「人ですよ」と言いながら「グァンギュ先輩、ソジンオッパ(女性が年上の男性を呼ぶときの呼称)、テギョンオッパ、みんな大好きで」と答えて軽く微笑んだ。実際にパク・シネは、旌善(チョンソン)で過ごした時間を思いきり楽しんで最初から最後まで忘れることができない思い出をいっぱい作ったという。

屈託のない明るいほほ笑みと意外な料理の実力まで揃えたパク・シネの次の歩みが気になるところだ。パク・シネは「Dream of Angel」というタイトルでアジアツアーの最中であり、東京、上海、香港、台湾、中国の深圳に続き中国の成都でのファンミーティングを控えている。

2015.09.05

blank