「東方神起」チャンミンに続き「SJ」シウォン&ドンヘが服務先として選択“義務警察”とは

「東方神起」チャンミンに続き「SJ」シウォン&ドンヘが服務先として選択“義務警察”とは

韓国の人気アイドルグループ「東方神起」チャンミン(27)が、来る11月19日に入隊することがわかった。2日、韓国メディアが伝えた。チャンミン(東方神起)は入隊後、義務警察・特技兵として国防の義務に就くという。

また、同じく2日、人気グループ「SUPER JUNIOR」のシウォン(29)とドンヘ(28)も、義務警察への服務が発表された。ドンヘは10月15日に、シウォンはチャンミンと同日の11月19日に、義務警察に入隊する。

そんな中、韓国のトップアイドルが相次いで服務先として選択した“義務警察”に関心が寄せられている。

義務警察とは、兵役服務機関において文字通り“警察”の役割を担う。警察にて巡察や交通整理をするほか、日本よりはるかに多いデモ活動の制圧に当たったりもする。この制度の適用となるためには、難関資格の取得や選抜試験の通過が必要であるため、狭き門と言える。

WOW!korea提供

2015.09.02

blank