「夜を歩く士」イ・ジュンギからイ・スヒョクまで “地下宮で笑いが弾ける”

unnamed「夜を歩く士」俳優イ・ジュンギ、イ・ユビ、チャン・ヒジン、イ・スヒョクの地下宮でのお祭りビハインドスチールが公開されて注目を集める。息が詰まるような緊張感が漂った地下宮で四人の笑いのパレードが繰り広げられたとのこと。
MBC水木ドラマ「夜を歩く士」(脚本:チャン・ヒョンジュ、リュ・ヨンジェ、演出:イ・ソンジュン)側は28日に前日(27日)放送されて視聴者たちの手に汗を握る緊張感を見せた16話のエンディング場面のビハインドスチールを公開した。
この日公開されたスチールにはいたずらっぽいイ・ジュンギの姿をはじめ、地下宮を訪れたイ・ユビの姿まで含まれていて注目を集める。特にイ・ジュンギはみんなで一緒にする撮影が楽しいのか暗い地下宮を明るくさせる「蛍光の微笑」を披露したかと思えば、いたずらっけを隠すことができず死神に変身して現場を笑いの海にした。
イ・ユビはイ・スヒョクと撮影前にリハーサルを数回しながら息を合わせたという後日談。そうかと思えばイ・スヒョクは劇中クィの専用の椅子である木に座ってカメラに向かって微笑を浮かべ、あたかも1輪のバラのように美しい姿を見せ視線をひきつけた。
このように緊迫して緊張感あふれる名場面が誕生できたのは俳優とスタッフの硬いチームワークとエネルギーあふれる現場の雰囲気のおかげだという。

2015.08.28

blank