来日直前シン・スンフンインタビュー

201310 02-070

(C)DOROTHY COMPANY

 

「国民歌手」シン・スンフンが帰ってきた。

シン・スンフンは新しいアルバム『グレート・ウェーブ(Great Wave)』を発売して、6年ぶりの歌謡界カムバックを知らせる。「バラードの皇帝」シン・スンフンが新しいアルバムを発売したのは約4年ぶり。2006年末に10thアルバム『ザ・ロマンチスト(The Romantist)』を発売したシン・スンフンは、2008年に『ラジオ・ウェーブ(Radio Wave)』、2009年に『ラブ・オクロック(Love O'clock)』などミニアルバムをひきつづき発表したが、広報などの活動を全くしないことを考えれば本格的な活動は6年ぶりだ。

そんなシン・スンフンがインタビューに答えたくれた。

 

 

Q.シン・スンフンさんの音楽人生で一番意味のある時間が、6年の空白期間だと聞きましたが、どういうことですか?

 

この6年間は、私に“できる事、してはいけない事、やらなければいけない事”を気づかせてくれた時間でした。今回のアルバム3部作シリーズは、1集から10集までのエピローグであり、これから私が発表していく楽曲たちのプロローグです。今後つくっていく音楽をおさめた実験的なアルバムとも言えます。今回の『GREAT WAVE』は、先に発表した2作品(2008年の『Radio Wave』、2009年の『Love O'clock』)を通して学んだこと、得たことを縮約したアルバムと言えます。

新たなジャンルに挑戦するというよりは、2つのアルバムを通して学んだものを加えたのです。今後20年以上音楽を続けていくために、中間点検のようなものが必要でした。

アルバム3枚を発表するのに6年という時間がかかってしまいましたが、一生音楽を続けていく私にとっては決して長くない、大切な時間でした。これまで自分が過ごしてきた時間を整理する、シン・スンフンのこれまでの音楽人生の一幕を下ろす作品でもあり、新たな一幕を開く作品とも言えます。

 

 201310 02-035

(C)DOROTHY COMPANY

 

Q.今回のアルバムにあるロゴが独特ですが、どんな意味がこめられていますか?

 

3枚のミニアルバムを表現したロゴです。3個の線が互いにツイストされロープのように太くなっていく6年間の音楽を表現したかったですし、私の音楽人生において、それまで過ごしてきたどの時間よりも私を成長させる大事な期間だったという意味もあります。線がひとつひとつバラバラの時は、少し力を加えたら切れてしまうかもしれませんが、3つの線が交われば千人の人が引っ張っても耐えられる強いものになる、という意味が込められたロゴでもあります。

 

 

 

Q.今回のアルバムは思い切り挑戦したという印象が強いですが、大変だった部分、また出来上がりの満足度はいかがですか?

 

これまで私がやってきたものとは違う音楽をやりたいと思い作ったアルバムでしたので、試行錯誤しながら作業した部分もたくさんありましたし、大変でもありましたが、多くの事を得ることができたアルバムだと思いますので、満足しています。

 

 

 

Q.若いミュージシャンたちとのコラボが目を引きますが、コラボするきっかけや、一緒に作業をした感想を教えてください。

 

過去にはほとんどコラボレーションというものをしてこなかったので、今回の後輩歌手たちとのコラボレーションは非常に新鮮な経験でしたし、異なるジャンルの音楽をやっている後輩たちと音楽的な交流の輪を広げられる機会になり、嬉しかったです。

 

 201310 05-043

 

(C)DOROTHY COMPANY

 

Q.プライベートについてほとんど知られることなく、これまで過ごしてこられたように思いますが、ご自身が考える“シン・スンフンらしさ”とは何ですか?

 

これまではミュージシャンとしての姿ばかりをお見せしてきましたよね。今はもう音楽だけでなく人間シン・スンフンの姿もお見せしていきたいと思っているんです。でもなかなか難しいものですね。今後はミュージシャン、歌手としてだけでなく‘男 シン・スンフン’についても慎重に考えてみようと思います!^^

 

 

 

 

Q.もうすぐ来日公演ですね。2日間にわたり東京で開催されますが、どんな公演にされたいですか?

 

4年ぶりの公演ということで、これまで公演を通じて培ってきたノウハウを全て注いで歌うつもりです。そして、少し上達した僕のダンスの実力をお見せしようと思います(笑)。

音楽的な面での変化をお見せしたいですし、今では友人のように感じられるファンの皆さんたちに、僕のありのままの姿をお見せして、一緒に話をしながら楽しい時間を過ごしたいと思っています。

■公演概要 
公演名: T THE SHIN SEUNG HUN JAPAN LIVE 2013 ~GREAT WAVE~
場所: 中野サンプラザホール 
日時: 2013年 12月 26日(木) 開場 17:30 / 開演 18:30
 2013 年 12月 27日(金) 開場 17:30 / 開演8:30
チケット代:全席指定 9,8 00 円(税込) ※3 歳以上チケット必要
主催:CJ E&M  Japan (Mnet)/ E-MOTION 
制作招聘:プロマックス 
協力:DOROYHY COMPANY 
後援:シン・スンフン  ジャパンオフィシャルファンクラブ  HUNY FAMILY
運営:DISK GARAGE 
チケット発売 : FC先行/10月 23 日(水)11:00 〜11月 6日(水)18:00
http://ssh2013.jp/
プレイガイド先行 /11月 6日(水)以降 
一般発売 /11 月24 日(日) 
FC に関するお問い合わせ:info@ssh2013.jp  (平日 12:00 ~19:00)
公演に関するお問い合わせ:DISK GARAGE:050- 5533-0888(平日 12:00 〜19:00) 

2013.12.16

blank