「速報個別インタビュー」K-MUCH(ケーマッチ)「いつも私たちに会いに来てくれるファンに本当に感謝!」

DSC_2589 左からアト(ATO)、ジロー(G.LOW)、キュー(KIU)、ボーナス(BORNAS)

天敵がいないカムルチ(雷魚)のように強靭な生存力を持つK-MUCH(カムルチ/ケーマッチ)は、2014年1月、ファーストミニアルバム「Beyond The Ocean」でデビューしたボーイズ・グループ。

K-MUCHよりメッセージ到着!

DSC_2531

Crayon Popのヒット曲「Bar Bar Bar」の男性ヴァージョン「何も知らずに」で、Crayon Popの弟分として注目を集めた。
現在、キュー(KIU)、ボーナス(BORNAS)、ジロー(G.LOW)、アト(ATO)の4人は、7月28日(火)から9月6日(日)まで1ヶ月超に渡り、新大久保などでライブを敢行中。公演の忙しい合間をぬってインタビューに応じてくれた。

 

キュー(KIU)
DSC_2575
アト(ATO)
DSC_2541
ボーナス(BORNAS)
DSC_2566
ジロー(G.LOW)
DSC_2549

「よろしくお願いします」と丁寧なあいさつで登場したK-MUCH。
今回の公演を始める前は「正直、大変そう」と心配したというリーダーのキュー。

「やり始めたら、やっぱり大変(笑)」としながらも、「やりがいがある」と充実した表情をみせた。

東京での長期滞在について、アトはジローと一緒に散策中に盆踊りに遭遇したエピソードを披露。またボーナスは“押しボタン式歩行者信号”にとても驚いたと笑顔をみせ、ライブだけでなく日本での生活についても満喫している様子がみられた。

DSC_2603
一つずつ目の前のことをやっていきたいという堅実な彼らは、日本語と韓国語を織り交ぜながら、笑顔で答えてくれた。

詳しいレポートは後日掲載致します。

2015年8月 23日 PM 6: 40  配信 (C) korepo

 

◆K-MUCH東京コンサート www.kokorea.net

◆K-MUCH日本活動公式BLOG http://ameblo.jp/k-muchjapan

2015.08.23

blank