SUPER JUNIORイェソン、“2週間前に声帯結節の手術、回復段階”

article

人気アイドルグループSUPER JUNIOR-K.R.Y.イェソンが、2週間前に声帯結節の手術を受けたと明らかにした。
イェソンは、22日の午後6時からソウルオリンピック公園オリンピックホールで開かれた「SUPER JUNIOR-K.R.Y. ASIA TOUR ~phonograph~ in SEOUL」で、「声帯結節に対して多くの方々が心配してくださいましたが、 2週間前に手術を受け手順調です」と言った。
イェソンは、「回復段階です。完全に回復していませんが、手術前より良い声で歌うことができるようで幸いです」と言った。

そして「今日この瞬間のおかげで幸せに過ごしました。皆さんも幸せな記憶を作ってくださったら良いでしょう」と語った。
キュヒョン、リョウク、イェソンで構成されたSUPER JUNIOR-K.R.Y.は、韓国に先立って日本でのアリーナツアーで、9万人の観客を動員した。22~23日の2日間のソウル公演を終えた後は、上海、台湾、香港などでのツアーが控えている。

2015.08.22

blank