イ・ヨンエ、11年ぶり出演ドラマのヒット祈願 「視聴者に愛される作品に」

イ・ヨンエ、11年ぶり出演ドラマのヒット祈願 「視聴者に愛される作品に」

韓国女優イ・ヨンエが、新ドラマ「師任堂、the Herstory」(以下、師任堂)のヒットを祈願した。

SBSドラマ「師任堂」の制作会社グループエイト側は21日、初撮影の前におこなわれたヒット祈願行事のようすを公開した。

先月29日、京畿道(キョンギド)・南楊州(ナムヤンジュ)セット場でおこなわれた今回の行事は、ユン・サンホプロデューサーやパク・ウンギョン作家、グループエイトのソン・ビョンジュン代表をはじめ、出演者のイ・ヨンエ、キム・ヘスク、オ・ユナ、ユン・ダフン、ユン・ソクファ、チェ・ジョンファン、キム・ミニ、チェ・チョルホ、パク・ジュンミョンなど総勢150人のスタッフ、出演者が参加した。

同ドラマを通して、11年ぶりにテレビドラマに復帰するイ・ヨンエは終始、真剣な表情を見せていた。また、同時に進行されたティーザーとテスト撮影でイ・ヨンエは、久しぶりのドラマ復帰であることを感じさせない変わらぬ姿で、信頼と期待感をより高めた。

イ・ヨンエは「恵みの雨が降り、うそのような晴天が見えた。天気が味方をしてくれたように、大変で困難な出来事があるたびに、良い出来事が起こるようだ」とし、「ドラマが終了するまで、全スタッフが健康で楽しく撮影できるように願った。そうすれば、視聴者の皆さんに愛される作品になると思う」と心境を伝えた。

なお、先ごろ撮影をスタートさせたドラマ「師任堂」は、完成度を高めるために100%事前制作され、来年上半期、韓国SBSにて放送される。

WOW!korea提供

2015.08.22

blank