“シャバン シャバン”パク・ヒョンビン、挙式前に心境を語る

“シャバン シャバン”パク・ヒョンビン、挙式前に心境を語る

大ヒット曲「シャバン シャバン」で2011年に日本デビューも果たしているトロット歌手のパク・ヒョンビンが「式が目の前に近付いてきて緊張し始めた」と心境を明かした。

パク・ヒョンビンは8日、ソウル市内にあるウォーカーヒルホテル・ビスタホールで行われる結婚式を前に記者会見を開いた。

結婚の感想を求められたパク・ヒョンビンは「ずっと緊張はなかった。仕事のような感覚が大きかったが、挙式直前の今、震え始めた。緊張している」と正直な心の内を見せた。

続けて「今まで生きてきた時間より、これから生きていく日々を考える場になりそうだ」と語った。

8日正午にパク・ヒョンビンは4歳下の女性と挙式を行い、5泊7日でハワイでの新婚旅行を楽しむ。ソウル近郊の京畿道(キョンギド)光明(クァンミョン)市に新居を構える予定。

WOW!korea提供

2015.08.08

blank