映画「リアル」側、キム・スヒョンの相手役は未決定… オーディション延長へ

201507240733772453_55b17adc87aa9韓国の新作映画「リアル」側は、俳優キム・スヒョンの相手役となる女性主人公の公開オーディションを延長することを明かした。

映画「リアル」の制作会社であるリアル文化産業専門有限会社は7月31日、公式ホームページを通して、公開オーディションで女性主人公と新人俳優陣を発掘、キャスティングする予定日を改めて伝えた。

また、公式ホームページを通したオンライン受付のみを可能とし、去る7月30日基準で、3200倍の競争率を記録していることがわかった。

制作会社側は「現在、『リアル』の女性主人公が決定していない状況」とし、「オンライン受付を通して、オーディションに参加するよう案内していたが、オンライン志願に不慣れな志願者たちの要請で、プロフィールの受付期間を来る8月7日まで延長する」と説明した。

一方、キム・スヒョンの次回作として話題の映画「リアル」は、華麗な都市の中で”黒社会”の依頼を処理する解決師チャン・テヨン(キム・スヒョン)にルポライターが訪ねてくる。これをきっかけに巻き起こる出来事を描くアクションスリラー作品だ。

WoW!Korea提供

2015.08.02

blank