「仮面」が終わった水木ドラマ、視聴率王の争い“イ・ジュンギ対チュウォン”

unnamed別名「視聴率保証小切手」と呼ばれる俳優イ・ジュンギとチュウォンが真っ向から勝負する。
30日にSBS「仮面」が放映終了し、視聴率2位を記録したMBC「夜を歩く士」が新しい選手と2ラウンドを始めることになった。チュウォンとキム・テヒが主役を演じる「ヨンパリ」が8月5日に初放送されることになった。
「ヨンパリ」という「場所不問・患者不問」高額のお金さえ出せばやくざも拒まない最高の実力を持つへっぽこ外科医「ヨンパリ」が、病院で寝たきりの財閥の跡継ぎ娘「眠れる森の魔女」に出会って繰り広げられる話を描くスペクタクルメロドラマだ。
特に2年前KBS 2TV「グッド・ドクター」で医者の演技を披露したことがあるチュウォンが、もう一度医者のガウンを着ることになり多くのファンたちの期待が集められている。同じ医者役だが、「グッド・ドクター」の純粋なパク・シオンとは正反対だ。
「ヨンパリ」のチュウォンはお金なら不法治療もはばからない俗物。その上医学ドラマなのか、アクションラインなのかこんがらがるくらい荒いカリスマアクションも披露する。30日に開かれた制作発表会では何度も「演技の変身をしたい」と明らかにしていたチュウォンの話のように、これまでの姿とは全く違う姿だ。
一方、「夜を歩く士」は男装をして生きていくチョ・ヤンソン(イ・ユビ)がウンソクコルに住む神秘な士キム・ソンヨル(イ・ジュンギ)に会って、彼がバンパイアということを知って広がるファンタジーメロの時代劇だ。神秘な容貌と同じぐらい驚くべき演技をしているイ・ジュンギの活躍で多くの好評を受けているが、「仮面」に押されて考えていたほど良い成績を出せなかった。
しかし「夜を歩く士」が1位にのぼることができる機会は充分にある。「仮面」が放映終了して視聴者が大移動するだけでなく、イ・ジュンギとイ・ユビのロマンスが次第に進み劇の面白味を高めているためだ。
開始から本格的な真っ向勝負を広げることになったチュウォンとイ・ジュンギのどちらが笑うことになるのか。「仮面」が堅く守っていた視聴率1位の王座をそっくり受け継ぐチュウォンか、そうでなければ「仮面」が終わって2位から1位にのぼる機会をつかむイ・ジュンギか。その結果は翌月5日「ヨンパリ」の初放送でわかる。

2015.07.31

blank