東方神起チャンミン、皆が願うリーダーイ・ユンを魅力的に演じる!

사본 -article (1)0

「夜を歩く士」東方神起チャンミンが、皆が願うリーダーの姿を見せて感動を与えた。
29日に放送されたMBC水木ドラマ「夜を歩く士」の第7話では、自分が淫乱書生であることを明らかにしようとする世孫イ・ユン(チャンミン)の姿が描かれた。
鬼(イ・スヒョク)は、淫乱書生を捕まえるために書籍商人や成均館の博士と儒生(学生)を手当たり次第に捕まえて殺していった。

キム・ソンヨル(イ・ジュンギ)は、自分が淫乱書生のふりをして儒生を無事に助け出し、つかまった書籍商人たちの家族の生活を助けて、民の間で淫乱書生の評判が良くなるように手をうった。そのため、淫乱書生の居場所を密告すれば賞金が出るという張り紙が出回ったりしているのをイ・ユンが知るようになった。
鬼のせいで民が苦しむのをこれ以上見ていられなくなったイ・ユンは、同志らを集め、「今日は、私の決断を下すために同志らを集めた。私はもう世孫ではなく淫乱書生として生きて行こうと思う。私が淫乱書生であることを世の中に明らかにするつもりだ」と宣言した。

同志らはイ・ユンの安否を心配して反対したが、イ・ユンは「鬼が罪のない民を殺生し始め、死んだ人々が100人を超す。今出て行かなければ、罪のない民だけが死んで行くでしょう」と責任感あふれるリーダーの姿を見せた。懇意な友が、自分が代わりに出ていくと言ったが、イ・ユンは「鬼に屈服した王の孫であり、鬼に殺されたサドン世子の息子である私が出て民を説得しなければならない」と自ら名乗り出るという意志を曲げなかった。
イ・ユンは続いて「民が私たちを信じてくれるようになれば『チョンヒョン世子備忘録』を持っている者も私たちを尋ねて来ないだろうか。命を失っても民心を得て鬼を倒すことだえできれば、それ以上の願いはない」と自分の安全よりも鬼を倒して民たちが安全な世の中を作るという意志を現わした。

イ・ユンは吸血鬼に振り回されて腐りきった王室と官僚を拒否し、民が平安に暮すことができるように人間を支配している吸血鬼に対敵している。吸血鬼があっという間に命を奪うことのできるか弱い人間であるにも関わらず、強靭な精神力で自身の安全な暮らしよりは民が平和に暮せる世の中を作ることを選んだ。イ・ユンは皆が願うリーダーの姿を取り揃えていた。他人の陰に隠れようとせず、前面に立って、平穏な世の中を作るために我が身を犠牲にする姿は感動を与えた。

チャンミンは、イ・ユンの姿にますます同化して行っている。チョ・ヤンソン(イ・ユビ)の後ろから人知れず暖かいまなざしで見守る時はロマンチックであるが、愛にだけ溺れてはいない強靭なイ・ユンにたちどころに変化した。大きい目から感じられる強靭な視線は大志を抱いているイ・ユンの意志を表した。外見も考え方もかっこいいイ・ユンが、より一層魅力的に感じられるのは間違いなくチャンミンが彼を演じたからである。神秘な夜を歩く士と共に強靭なチャンミンのイ・ユンは、ますます見る人々を魅了している。

2015.07.30

blank