東方神起チャンミン、SUPER JUNIORら出演の「SMTOWN LIVE」の日本公演、28万人が観覧!

201507270935774401_55b57cf668fb8

全世界の主要都市で公演を開催したSMTOWN LIVEが、大阪でも現地ファンの熱い歓呼の中に成功のうちに公演を終えた。
7月25日~26日の両日間、大阪京セラドームで開催された「SMTOWN LIVE WORLD TOUR IV in OSAKA SPECIAL EDITION」は、カンタ、BoA、TRAX、東方神起チャンミン、SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)、EXO、Red Velvet、チョウミ、ヘンリー、J-Min 、 SM ROOKIが参加し、4時間余りで合計55曲のレパートリーを披露して、完成度の高い様々なステージで9万人余りの観客を熱狂させた。
特に、SMTOWN LIVEが大阪で開催されるのは今度が初めで、7月5日~6日に東京ドームで開かれた東京公演が10万人の歓声の中に盛況のうちに終わったのに続いて大阪公演にも9万人を超える観客が会場をいっぱいに満たして、日本の2都市だけで19万人を動員する勢いを見せた。
また大阪公演の場合、日本全国で130の映画館で公演の実況を生中継する「ライブビューイング」も開催され、2日間の公演を見るために劇場を訪ねた観客も9万人を記録し、日本で7月に開催されたSMTOWN LIVE公演を現場、及び劇場で観覧した人は合計28万人に達して、現地で変わらず愛されているSMのアーチストの高い人気と位相をもう一度証明した。
今度の公演で、SMのアーチストは最新のヒット曲のステージをプレゼントし、SUPER JUNIORの「Devil」と少女時代の「PARTY」のステージが、日本のファンに最初に公開され、EXOの「Love Me Right」、日本語バージョンで新しく公開したSHINeeの「View」なども観客の熱い歓声を導き出した。
日本の観客のために日本人歌手のヒット曲も特別に準備し、 東方神起チャンミンはX JAPANの「Rusty nail」を、SUPER JUNIORイェソンとEXOベッキョンは、玉置浩二と井上陽水のデュエット曲「夏の終わりのハーモニー」を初公開し、BoAの「asayume Chasing」、少女時代の「Catch Me If You Can」、SHINee「321」などのように現地に発表した歌はもちろんf(x)の「Hot Summer」、ヘンリーの「Fantastic」などの既存のヒット曲も日本語バージョンで披露し、現地の観客とより近くで呼吸して会場の熱気をいっそう高めた。
それに、SUPER JUNIORウニョク、少女時代ヒョヨン、f(x)ルナ、EXOのカイとセフンが続けざまに披露したダンスパレード、カンタと Red Velvetスルギとウェンディが歌った「人形」、東方神起チャンミンとEXOシウミンが息を合わせた「さば」など、SMTOWN LIVEだけで見ることのできる多彩なコラボレーションステージでも爆発的な反応を呼び、SUPER JUNIOR-K.R.Y.は、8月5日に日本で発売されるニューシングル「JOIN HANDS」のステージを初公開した。
また、今度の公演には観客とアーティストが一緒にコンテンツを作って交流する「#SMTOWN」も実施され、エンディング曲の「HOPE」のステージの時に観客とアーティストが臨場感を感じることができる写真や動画を撮影して自分のSNSに「#SMTOWN」と掲載し、このような掲示物を集めて公演場のスクリーンやSMTOWNNOWでも公開して、全世界のファンがともに、SMTOWN LIVEと関わることのできる思い出の写真と映像を共有するという特別なイベントがを行われた。

2015.07.27

blank