『初めてだったのでとても緊張しました』V.I(from BIGBANG)緊張のキス初挑戦! UULAドラマ「指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~」 V.I“ドキドキ”のキスシーンを初公開!!

ソフトバンクモバイルのスマートフォン向け総合エンタメアプリUULA(読み:ウーラ)のオリジナルドラマ「指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~」(12月4日より独占配信開始)の中で、

自身初のキスシーンに挑戦したV.I (from  BIGBANG)の“ドキドキの瞬間”を初公開。

 V.I瀧本キスシーン_R

 

現在、海外アーティスト史上初となる日本6大ドームツアーを行っているアジアが誇るモンスターグループBIGBANGのボーカルを担当し、普段は何万人もの前でライブパフォーマンスを披露して多くのファンを魅了するV.Iの、あまり見せることのない“ドキドキ”の一面を垣間見ることができる、役者としてV.Iが初めてキスシーンに挑んだ本作の中でも最注目のシーン。

 

撮影当日は、総勢40人以上の制作スタッフが見守る中、本作の主演を務める(キスの相手)瀧本美織を前に緊張しながらも堂々の演技を披露。

けれど、「(V.I演じる)スンホの抑えきれない想いがキスにつながってしまう、ドラマの中でも重要なシーン。けど、なにせ初めてなのでカメラテストの時に(本当に)キスをして良いかとか、迷ったりもしました」と心境を語るなど、終始“ドキドキ”だったことを告白。

 

さらに、当日は朝からキスシーンが気になるあまり、別のシーンの撮影時もキスのことが頭から離れなかったとエピソードを披露するなど、テレビのバラエティでも活躍する普段のV.Iからは想像も出来ない一面も。

撮影後の感想では、「三回もハミガキをしましたよ!けど、キスシーンは意外と早くOKが出てしまい、残念でした」と笑ったV.I。

これまでにない役者としての魅力たっぷりの、制作スタッフ陣も納得の堂々とした演技は必見です。

 メインビジュアル_R

 

本作は、瀧本美織演じる主人公の大学生・美羽が住む家に、V.I(from BIGBANG)演じる韓国人留学生・スンホがホームステイにやって来ることから始まります。

日本語を“話す”ことは出来ても、“書く”ことが出来ないスンホのために、想いを寄せる初恋の相手への“恋文メール”を、スンホの代わりに打ってあげる美羽。

素直な想いを言葉にするスンホの実直さに心惹かれ、不器用で想いをうまく表現できなかった美羽が、少しずつ自分の気持を伝えることの大切さに気づいていき…。

今回のキスシーンは、そんな二人が初めてお互いの感情を表現してぶつかり合う、物語が展開していくきっかけとなる重要なシーンの一つになります。


 

「指恋(ゆびこい)~君に贈るメッセージ~」予告編
 
【ドラマ公式サイト】http://uula.jp/sp/yubikoi
【UULA公式サイト】:uula.jp
2013.11.28

blank