【ドラマがいいね!】 不朽の名作『麗〈レイ〉』はここが凄い!

イ・ジュンギが主演した『麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~』は、王宮ラブロマンスとして絶大な人気を誇っている。2016年の作品だが、今も繰り返し多くの視聴者を獲得している。

 

人気の原動力
『麗<レイ>』は、過去の時代に魂がタイムスリップしてしまったヒロインが、高麗時代の8人の皇子たちとラブロマンスを展開するドラマだ。
そのヒロインに扮しているのがIUであり、彼女の愛らしさが皇子たちの胸をときめかせていく。
ドラマに登場する皇子は8人もいるのだが、中心になっているのがイ・ジュンギが演じる第4皇子のワン・ソであり、カン・ハヌルが扮する第8皇子のワン・ウクだ。


IUが演じているヘ・スをめぐって、ワン・ソとワン・ウクの恋をめぐる争いは華やかで輝いている反面、愛憎もたっぷりと含まれている。
とにかく、愛する人の心を射止めようとしたら、どんな時代でも命をかけなければならない。それがわかっているだけに、ワン・ソとワン・ウクのしのぎあいがすごいのだ。
しかし、2人のスタイルは違う。ワン・ソはカリスマ性が満ち溢れているし、ワン・ウクは冷静な対応で落ち着いている。

そんな2人のタイプなら、IUが扮するヘ・スはどちらを選ぶのだろうか。ドラマを見ていたら、そのことが本当に気になって、ますます2人の行方に没頭していく。
それにしても、イ・ジュンギとカン・ハヌルの競演は興味深い。
イ・ジュンギはいつもながらの妖しさと美しさが際立っているし、カン・ハヌルは後の『椿の花咲く頃』で見せたような魅力的な表現を随所に見せてくれる。
やっぱり、『麗<レイ>』というドラマはIUをめぐって、イ・ジュンギとカン・ハヌルの演技対決が一番の見どころだろう。

文=「ロコレ」編集部

 

時代劇『テバク』は歴史の描き方面白い!

『エージェントなお仕事』はマネージャーの奮闘ぶりが面白いドラマだ!

韓流20周年の軌跡と奇跡1「『冬のソナタ』誕生!」

コラム提供:ロコレ

http://syukakusha.com/

2023.01.20

blank