「デスノート」チョン・ソナ、「アイドルへの偏見、ジュンス(JYJ)が壊してくれた」

「デスノート」チョン・ソナ、「アイドルへの偏見、ジュンス(JYJ)が壊してくれた」

韓国のミュージカル女優チョン・ソナが同僚ジュンス(JYJ)について言及した。

チョン・ソナは最近おこなわれた画報撮影を通じて多様な魅力を披露した。

今回の画報は3つのコンセプトでおこなわれた。最初はややぎこちなかったが、すぐに撮影に適応した彼女は「ステージだけにいたので、プレッシャーになったがこのような画報を撮ることができてよかった」と心境をうかがわせた。

現在ミュージカル「デスノート」にミサ役を熱演している彼女は、日本の漫画をミュージカルで作りあげることに不安を抱いていたが、大衆の多くの関心の中にステージ上で素敵な姿を見せている。

特にチケットパワーを確保するジュンス、パク・ヘナ、ホン・グァンホ、カン・ホンソクと一緒にする「デスノート」はワンキャストというプレッシャーにも優れたアンサンブルを作っていると伝えた。

ミュージカル俳優はエネルギーを注がなければならず、長期公演にも慣れる必要があるため、体力管理が必須であるといえる。そのため、良い食事と運動で体力を維持しているという。

現在、共演しているジュンスと彼女は非常に親交が厚い。最初はアイドルへの偏見があったが、驚くほど熱心に取り組んでいたジュンスの姿に偏見をなくすことができた。

またジュンスによって、もっと良い作品をすることができファンから多くの応援を得ることができありがたかった、という気持ちも表した。続けて相手役であるホン・グァンホとジュンスについて、劇中のキャラクターとしてはホン・グァンホを、現実ではジュンスが自分にとっては少し魅力的だという言葉で、2人の魅力を挙げた。

WOW!korea提供

2015.06.24

blank