トルコの宗教指導者に懲役8658年刑…「性暴行」「未成年者虐待」「人権侵害」などで=韓国報道


トルコでTV番組を利用したサイバー宗教団体活動を通して、女性を性的に搾取してきた教授に8000年を超える懲役刑が言い渡された。

BBCなどによると、去る16日(現地時間)、イスタンブール裁判所は性暴力、未成年者虐待、人権侵害、犯罪団体組織など15の容疑で起訴されたアドナン・オクタル(Adnan Oktar)被告(66)に懲役8658年を宣告した。

オクタル被告は2018年、教人200人余りと共に逮捕され起訴された後、昨年の1審では懲役1075年刑が言い渡された。オクタル被告は控訴したが、再審では量刑が8倍となった。再審裁判所はオクタル被告が別の教徒らの犯行に対しても責任を負うべきだとして量刑を重くした。

オクタル被告は1980年代に大学を中退し、宗教団体などを運営して注目され始めた。「Harun Yahya」との名前を使い、創造論を擁護し、反進化論を主張する本を書くこともあった。2000年代には「A9」というTVチャンネルを開設し、自ら番組を進行。女性数人を周りに置き、宗教や政治に関する考えを伝えた。

1990年代から組織を増やしたオクタル被告はその過程で、女性を洗脳して性暴行をはたらき、該当場面を撮影したと騙して被害者たちを脅迫。一部の被害者はオクタル被告が避妊薬を飲むことを強要したと証言し、警察は実際の捜査過程で、オクタル被告の自宅にあった避妊薬7万錠を発見した。

この日、オクタル被告の側近14人についても、長期懲役刑が言い渡された。オクタル被告は再審でも容疑を否認したという。

WOW!Korea提供

2022.11.18

blank