「TAHITI」アリの母親 「娘の収入? 4年間で“0ウォン”」衝撃告白

「TAHITI」アリの母親 「娘の収入? 4年間で“0ウォン”」衝撃告白

韓国ガールズグループ「TAHITI」の末っ子、アリ(20)の母親がアイドルの娘の収入を電撃公開した。

来る13日午後11時に放送される「ママが見ている」では24年目の無名女優の母親と無名歌手の娘の話が公開される。この日の主人公は「TAHITI」の末っ子、アリ。依頼人である母親はガールズグループだが、TVに出ない娘がどんな活動をしているのか、気になる気持ちで「ママが見ている」に事由を依頼した。

この日の放送でアリの母親は娘が4年間活動しながら稼いできた収入を公開した。アリの母親は「娘がアイドルだと言えば、周囲からたくさん稼ぐだろうと思われている。でも4年目の活動をしながら稼いできたお金は0ウォン(0円)」と述べ、驚きを与えた。

アリも無名歌手としての悲しさや苦しい心を告白した。「音楽番組に出演することができうれしかったが、収録前日に関係者のところに電話が来て『歌を2分に短くしてほしい』と言った」とし「しっかりとしたステージを見せる機会が少なくて残念だ」と話しながら涙を見せた。

一方「TAHITI」は最近、中国進出を控えて「ママが見ている」にリハーサル現場を公開し、その現場には「TAHITI」の古くからのファンが一緒だった。「TAHITI」は忙しい時間を割いて訪ねて来てくれたファンに感謝を表すため、未熟な腕前だが、誠意を込めて食事を準備した。アリをはじめ「TAHITI」のメンバーはック時の思い出が込められた食事を準備した。予期せぬプレゼントをもらったファンはとても感動したという。番組は来る13日午後11時より韓国で放送される。

WOW!korea提供

2015.06.12

blank