女優キム・テリ、「宇宙少女」コンサートで注意を受ける…「ボナの写真を撮っていたら見つかった」


韓国ガールズグループ「宇宙少女」のメンバー・ボナが、女優キム・テリが「宇宙少女」のコンサートを観覧していて注意を受けたというエピソードを打ち明けた。

7日に放送されたSBS POWER FM「2時脱出カルトショー(以下、カルトショー)」に、「宇宙少女」がゲストとして出演した。

これに先立ちボナは、ことし4月に終了したtvNドラマ「二十五、二十一」にて、コ・ユリム役で出演し、多くの愛を受けた。

ボナは、「フェンシング国家代表役だったが、フェンシングの練習を選手のように本当に沢山した」とし、アイドルより女優として認識されることについて、「私を知っている方も(アイドルだと)知らなかったと言っていたし、新人女優だと思ったという方がいらっしゃった」と不思議であるという反応を見せた。

続いて一緒に共演したキム・テリに言及し、「テリさんと一緒に演技をすること自体が光栄だった」と話した。

また先月、各種オンラインコミュニティに「宇宙少女」のコンサートを観覧しているキム・テリが目撃したという書き込みと写真、動画などが掲載され、話題を集めた。公開された動画にはマスクを着用しているキム・テリが観覧席に座り、スクリーンにボナの顔が映るたびに大きな拍手を送っている姿が写っていた。

何より当時キム・テリは、コンサートにて動画を撮っていたところ、注意を受けたと知られていた。

これと関連し、メンバーのヨンジョンは「キム・テリ先輩がボナを応援しようと私たちのコンサートに来てくださった。コンサートは撮影禁止で警備の方に注意を受けたとおっしゃっていた」と状況を説明した。

そして、「キム・テリ先輩はコンサートをたくさん訪れているわけではないから、よく知らなかったのではないか」と付け加えた。

一方で、tvN「二十五、二十一」は最高視聴率11.5%(ニールソンコリア基準)を記録し、熱い人気を証明した。

WOW!Korea提供

2022.07.07

blank