俳優パク・ヨンギ、飲酒運転で歩行者と事故…懲役8か月の実刑判決


泥酔状態で運転し、歩行者をはねた事故を起こした俳優パク・ヨンギが実刑を宣告され、法定拘束された。

ウィジョンブ(議政府)地方法院コヤン(高陽)支院刑事4単独(判事チョン・ジヌ)は、特定犯罪加重処罰などに関する法律違反(飲酒運転致傷)および道路交通法違反(飲酒運転)の疑いで起訴されたパク・ヨンギに先月30日、懲役8か月を宣告した。

裁判部はパク・ヨンギが飲酒運転処罰の前歴があるにもかかわらず再び犯行を起こし、まだ被害者と合意できていないと量型理由を説明した。

パク・ヨンギはことし5月31日午前0時20分頃、ソウル ソンパ(松坡)区チャムシル(蚕室)駅の交差点で蚕室大橋の南端方向に右折する途中、横断歩道を渡っていた歩行者をはねた容疑を受けた。事故直後、パク・ヨンギの血中アルコール濃度は0.135%で免許取消に値することが分かった。

これに先立ち、パク・ヨンギは2011年、大麻乱用の容疑で裁判に引き渡され、懲役8か月、執行猶予2年を宣告されていた。

WOW!Korea提供

2021.12.01

blank