「BTS(防弾少年団)」JUNG KOOK、「昨年に続きことしも沢山の愛をいただき、大きなパワーになった」


「エネルギーを公演で一生懸命発揮したい」

グループ「BTS(防弾少年団)」のJUNG KOOKが2年ぶりにオフラインコンサートを開催した所感をこのように伝えた。

「BTS」は28日(以下現地時間)米国ロサンゼルスのSoFiスタジアムで「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA」の開催記念記者懇談会を開き、取材陣の前に現れた。

「BTS」のJUNG KOOKは「昨年に続きことしも沢山の愛をいただいた」と語った。

続いて「パンデミックが始まってから大変で、正直な感情を込めた曲、“この瞬間を勝ち抜こう”とする希望と慰めの思いを込めた曲をリリースしたが、多くの方に愛され、むしろ私たちがより大きなパワーをもらった」とし「そのエネルギーをきょう公演で一生懸命発揮したい」と覚悟を固めた。

「BTS」は前日に1日目の公演を終え、12月1~2日にも公演を行う。計4回の公演で約20万の観客を動員する予定だ。最終日はファンプラットフォームWeverseを通して有料の生中継も配信する。

「BTS」の対面での公演は、2019年10月にソウルで「2019 BTS WORLD TOUR LOVE YOURSELF:SPEAK YOURSELF THE FINAL」を開催して以来2年ぶりとなる。新型コロナウイルス感染症の拡大により、長い期間対面での公演を開くことができなかった。

WOW!Korea提供

2021.11.29

blank