女優コ・アラ、「悲しい熱帯」で5年ぶりの映画出演=俳優キム・ソンホと共演


韓国女優コ・アラ(Ara)が映画「悲しい熱帯」への出演を確定し、俳優キム・ソンホと共演する。

所属事務所ARTIST COMPANY側は19日「コ・アラが映画『悲しい熱帯』出演を確定した」と発表した。

「悲しい熱帯」は元ボクシング選手の少年がミステリアスな人々のターゲットとなり、追いつ追われつの物語を描いたアクションノワール。映画「新しき世界」、「The Witch/魔女」、「楽園の夜」などを演出したパク・フンジョン監督がメガホンを取った。

コ・アラは「悲しい熱帯」を通じて、前作で見せてきた姿とはまた違う変身を披露する予定だ。彼女はドラマ「応答せよ1994」、「ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!? ~」、「ヘチ 王座への道」、「ドドソソララソ」などで多彩な演技を披露したことがある。

特にコ・アラは2016年に公開した映画「探偵ホン・ギルドン~消えた村~」以来、5年ぶりに映画出演し、期待を高めた。

コ・アラが出演する「悲しい熱帯」には俳優キム・ソンホ、キム・ガンウ、そして1980倍のオーディション競争を勝ち抜いた新人カン・テジュが出演する。来る12月10日にクランクイン予定だ。

WOW!Korea提供

2021.11.19

blank