女優スエ、新ドラマ「工作都市」で財閥家の妻ユン・ジェヒに変身


韓国の女優スエが、大韓民国を牛耳る財閥家の妻に変身する。

12月8日に初放送されるJTBC新水木ドラマ「工作都市」(脚本ソン・セドン、演出ジョン・チャングン、制作HiSTORY D&C、JTBC STUDIO )は、大韓民国の政財界を掌握し振り回すソンジングループの美術館を背景に、大韓民国で最も高い位置までのし上がろうとする女たちの欲望を描いた破格的ミステリースリラードラマだ。

劇中でスエが演じるユン・ジェヒキャラクターは、美術館「スペース・ジン」の実務を担っているソンジン家の次男の妻だ。財閥家の妻というタイトルにピッタリの品のある雰囲気と成功したキャリアウーマンとしての自信感等を備え、誰よりも輝く人生を生きているが、その内面には想像を超える程の欲望が潜んでいる。

特に“無恒産なら無恒心”という、貧困こそが愛を蝕むと信じるユン・ジェヒは、目標のためなら他人を蹴落としのし上がるのは勿論のこと、膝をついて頭を下げての屈辱もいとわない程に、生き方に対する思いが強い。

このようにユン・ジェヒはソンジン家の婚外者である夫を大統領にしようとする広大な夢を抱き、果敢で迷いない跳躍を開始、誰もが止められない最も高い場所に立つ日を待ち焦がれている。

公開された写真の中では、スエ独自の優雅で品のある姿、ユン・ジェヒキャラクターのカリスマ的な姿がおさめられていた。仕事をする時にも余裕を感じる温和な笑みが「スペース・ジン」でのユン・ジェヒという人物の魅力をみせていた。

しかし彼女の前を塞ぐ状況では、普段は想像だにすることもできない程の冷淡な眼差しと鋭い表情に変わり、見ている人を凍らせてしまう。変化に富む感情を持つ人物を演じきるスエの繊細な演技が今から期待される。

「工作都市」の製作陣は「ユン・ジェヒは自身の欲望にとても正直な人物なので、多くの方々へ共感と興味を持っていただけると思います」と話し、「キャラクターに完璧に入り込んだスエの演技変身に多くの関心をお願いします」と伝えた。

JTBC新水木ドラマ「工作都市」は、12月8日水曜午後10時30分に初放送される。

WOW!Korea提供

2021.11.12

blank