Stray Kidsが「THE FIRST TAKE」に再登場!世界32の国と地域でiTunes1位を獲得した、日本オリジナルの最新リリース楽曲「Scars」をパフォーマンス!「THE FIRST TAKE」だけのオリジナルアレンジで披露!

8月に韓国でリリースしたAlbum『NOEASY』が、JYP Entertainmentの制作アルバムとして初ミリオンセラーを達成、リード曲「Thunderous」は世界52の国と地域でiTunes1位を獲得、MVは自身最速で1億回を突破するなど、全世界から注目を集める“次世代No.1ボーイズグループStray Kids”(読み:ストレイキッズ)が、「THE FIRST TAKE」に再び登場する。

「THE FIRST TAKE」は、一発撮りのパフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネルだ。本チャンネルでは、高画質で4Kにも対応した圧倒的なクオリティを楽しめる。
チャンネル登録者は526万人(※11/10時点)を達成し、日本の音楽ジャンルでのYouTubeチャンネルのなかで、アーティストの公式チャンネル以外では異例の数字となり、音楽ジャンルでは、最速で500万人を達成したチャンネルとなっている。グローバルチャンネルとしての注目度も高く、ポッドキャスト「THE FIRST TAKE MUSIC」の公開、さらに配信専門レーベル「THE FIRST TAKE MUSIC」の設立や次なる才能を探す一発撮りオーディション「THE FIRST TAKE STAGE」を発表するなど、今もっとも注目を浴びているYouTubeチャンネルである。

Stray Kidsは、「THE FIRST TAKE」として初の韓国語歌唱で話題となった「Mixtape : OH」のパフォーマンスに続き、
今回は、先月10月にリリースとなったばかりのJAPAN 2nd Single『Scars / ソリクン -Japanese ver.-』から、日本オリジナル楽曲である「Scars」をパフォーマンス。

「Scars」は、世界中が熱狂したサバイバル番組「KINGDOM:LEGENDARY WAR」で見事優勝し、JYP Entertainmentの制作アルバムとして史上初のミリオンセラーを達成したStray Kidsが今だからこそ発表できる、原点回帰ともいえる1曲で、リーダーのバンチャンは、「この曲を聴くたびに、練習生時代の思い出や、目標に向かってもがいていた経験を思い出し、こみ上げるものがあります」と語り、スンミンは、「曲を歌うたびに、とにかく胸を締め付けるような感情が湧き上がります。歌詞が心の深いところに刺さって涙が出そうになります。」と語るほど、メンバー自身にとっても思い入れの深い曲となっている。
「Scars」は日本オリジナル曲ながら、世界32の国と地域でiTunes1位を獲得、さらに米ビルボードの「ワールドデジタルソングセールスチャート」で7位を記録、そして国内ではLINE MUSICでもウィークリーランキング1位(10月6日~12日付)を獲得し大ヒットを記録している。Music Videoでも「Scars」は、YouTube500万回再生をすでに突破し、SNSでは、「涙なしには聴けない…」、「今回の日本オリジナル曲は神曲だ」など、ファンからも大きな反響を集めている。

本日11月10日(水)22:00よりYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にてプレミア公開されるので、是非視聴予約をしてみて欲しい。

■「Stray Kids - Scars / THE FIRST TAKE」(11/10(水) 22時よりプレミア公開)
https://youtu.be/mDw95b-YyEc

YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」チャンネルトップページ
https://www.youtube.com/channel/UC9zY_E8mcAo_Oq772LEZq8Q

■Stray Kidsコメント
Stray Kidsは、「THE FIRST TAKE」3回目の登場になります。3度も呼んでいただいてありがとうございます。光栄です。
今回歌わせていただいた「Scars」は、これまで僕たちが経験してきたすべてのこと…当時から重ねてきた努力や、流してきた涙や汗、その全てを“傷”として表現した、覚悟と決意を謳った楽曲です。
僕たち自身、この曲を聴くたびに、練習生時代の思い出や、目標に向かってもがいていた経験を思い出し、こみ上げるものがあります。今回の「THE FIRST TAKE」でも気持ちを込めて歌ったので、是非聴いていただけたらと思います。

(2ページに続く)

2021.11.10

blank