「コラム」韓国ドラマにはカラオケのシーンが欠かせない

韓国ドラマの中には、出演者たちが歌うシーンがよく出てきます。ノレバン(カラオケルーム)で騒ぐシーンもおなじみです。なぜ、あれほど歌う場面が多いのでしょうか。

バラードは最高
どこの国の人も歌は大好きでしょうが、とりわけ韓国には歌が好きな人が本当にたくさんいます。
歌だけでなく踊りも大好きで、宴会が一転して民族舞踊大会になるということも日常茶飯事です。
とにかく、○○祝賀会という祝宴が多い国ですから、余興として歌がかならず出てきます。特に、韓国の人が好きなのがバラードです。
なんといっても、バラードは情感たっぷりに歌いあげることができます。これが、韓国の人たちの心情によく合います。


なぜならば、人間の情を大切にする韓国では、何か心を動かされるものに特別な価値観を見いだす傾向が強いのです。だからこそ、聴いている人の心を動かせるようなバラードは最高、というわけです。
(ページ2に続く)

 

〔韓国ドラマあるある〕主人公によくルームメイトがいる理由とは?

最新の韓国ドラマは以前の作品とどう違うのか

パク・ソジュンとパク・ミニョンは抜群の相性だ/愛と笑いの『キム秘書』1

ヒョンビン主演『愛の不時着』はどこで撮影されたか/傑作ドラマ特集1

多様性の傑作!『マイ・ディア・ミスター』

2021.10.28

blank