「BTS(防弾少年団)」、オンラインコンサートを海外メディアが絶賛…「満席会場の熱気が伝わるようなステージ」


ボーイズグループ「BTS(防弾少年団)」が24日に開催したオンラインコンサート「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」で海外の有力メディアから報道が続いている。

英国音楽マガジンNMEは新型コロナウイルス感染症流行前の「BTS」の最後の大型スタジアム公演「BTS WORLD TOUR ’LOVE YOURSELF: SPEAK YOURSELF’ [THE FINAL]」を言及し、「その後『BTS』は数多くの記録を残し、主要ヘッドラインを占め、(各種)チャートのトップを記録した。しかし、今まで『BTS』を完成させる重要な部分、つまり全席が完売となるスタジアムで彼らのパフォーマンスを披露する機会はなかった」と説明した。

NMEは続いて「『PERMISSION TO DANCE ON STAGE』の公演が(ファンと)対面する再会の瞬間ではなかったが、『BTS』は彼らのすべてのエネルギーと誠意を込めて、満席会場の熱気が感じられるようなステージを飾った」とし、「今回の公演は、順調でない生活の中でも変化し、進化し、何でもやりこなす『BTS』の能力を再確認させた新たな事例」と評価した。

イギリスの日刊紙The Guardianは、「世界最高ポップグループのカリスマと自信」というタイトルの記事を通して「『BTS』は2013年のデビュー以来、様々なジャンルに挑戦してきたが、『PERMISSION TO DANCE ON STAGE』の公演では、各メンバーの強みを生かす形式でグループとしてのカリスマと自信を立証した」と、さらにアップグレードした舞台を好評した。

The Guardianはさらに、「『BTS』はこれまで音楽界で長い間更新することのできなかった記録を打ち破り、“英語歌詞のポップでなければ世界的な人気を得ることができない”という観念を打破した。才能、情熱が彼らの今を作ったことが分かる」と絶賛した。

米マガジンのTeen Vogueは「『BTS』は最近、最も感動的なライブ体験を披露するミュージシャンの一つだ。最近開催された『PERMISSION TO DANCE ON STAGE』はこのような事実をもう一度立証した」と伝え、各ステージのコンセプトと構成について詳細に掲載した。

新しいツアーシリーズの幕を開けた「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE」はタイトルにも使用された「BTS」の曲「Permission to Dance」のメッセージのように、“どこにいても誰でも一緒に踊ることを許された”という喜びの思いが溢れたステージとなっている。今回のコンサートはライブストリーミング形式で行われ、全世界197カ国/地域で視聴された。

一方、「BTS」はことし11月27~28日、12月1~2日(現地時間)米国ロサンゼルスSoFiスタジアムで「BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE - LA」のオフライン公演を開催し、ツアーを続行する。

WOW!Korea提供

2021.10.28

blank