「取材レポ」ようこそ!KARAの遊園地へ!日本全国ツアー「KARASIA」開幕

写真-1

 

KARAが10月8日(火)、神奈川・横浜アリーナにて1年ぶりにジャパンツアー「KARA 2nd JAPAN TOUR 2013『KARASIA』」をスタートさせた。

今年1月には東京ドーム公演をK-POP女性アーティストとして初めて成功させるなど、日本でも圧倒的な人気を誇るKARAのツアー初日に約1万2千人のファンが詰めかけ、5人で繰り広げるキュートなセクシーパフォーマンスに酔いしれた。

 

熱気が溢れた会場に、シック&クールな衣装でメンバーが登場、「ジャンピン」など2曲をパワフルな姿で披露し、ファンの熱い声援に応えた。

 

「みなさん、こんばんは。KARAです」と全員であいさつした後、メンバーが1人ずつあいさつをし、ギュリが「今回の私たちのKARASIAのテーマは“遊園地”です。KARAの遊園地はどうですか?かわいいですか?」と満場のファンに問いかけ、「今回のKARASIAではメンバーたちの新しいソロステージや新曲も歌います。たくさん楽しんでくださいね」と笑顔で紹介。

オープニングで新たな演出に挑戦したことへの感想などについて語った。

さらにニコルのグループ脱退報道を受け、ハラが「みなさんに話さなきゃいけないことがあります。たくさん心配かけてごめんなさい。これからも素敵な姿がお見せできるようにがんばりますので、応援おねがいします」とコメント、会場中から温かい拍手と声援が沸き起こった。

 写真

 

スンヨンは、いつものかわいらしいイメージと一味違った力強いパフォーマンスを、ダイナミックな演出で披露。ギュリは、神秘的な雰囲気で、澄み切った歌声を会場に響き渡らせ、ファンを魅了。

ニコルは、鍛えられた肉体美でサウンドにのってダンスもパワフルに。ハラもセンスあふれるステージでファンを魅了した。またジヨンは、末っ子らしい若さと元気あふれる曲でファンと一体となったステージを作り上げるなど、それぞれが個性溢れるパフォーマンスを展開。

ステージは今回のテーマに欠かせない「遊園地」を様々なコンセプトで展開、KARAのメンバーも時にはエレガントに、時にはキュートな演出で会場を熱く盛り上げていく。

 

次のステージでは「みなさん私たちのこと、よく見えますか?」「私たちもみなさん一人ひとりの顔、よく見えますよ。」「ここでみなさんが私たちのコンサートをどのくらい楽しんでいるか、みなさんの声で聞きたいです!」「そうですねぇ…スタンドにいるみなさんから順番に私たちが『イエーイ!』と言ったら『イエーイ!』と答えてください」「私たちに声をちゃんと聞かせてくださーい」と、熱気が充満した会場で、観客に呼びかけた。アリーナ全体に響き渡る「イエーイ!」の声が大歓声となって、「サンキュー サマーラブ」など4曲を歌って、会場のボルテージは最高潮に達した。

 

トークタイムでは「横浜から、私たち2回目のツアーが始まりましたよね。久しぶりにみなさんの笑っている顔が近くで見られて、私もすごくうれしいです。今日という1日が私たちにとっても特別な思い出になると思います」とニコルがちょっとハニカミながらファンとの再会に対する喜びを表現した。

続いてジヨンは「今回のツアーは、あと13回のステージが残っていますけど、みなさんとたくさんの幸せな思い出を作りたいです。今日は私たちを見に来てくださって本当にありがとうございます。今日は最後まで一緒に盛り上がっていきたいです」と感謝の思いを語った。

ギュリは「みなさんのおかげで私たちはステージに立つことができて、いつも感謝の気持ちを持っています。ありがとうございます。みなさんにとって今日が素敵な時間になったら、私たちも本当にうれしいです」とファンへの思いやりを見せた。

スンヨンは「ここでみなさんの顔を見ていると、私も本当に愛されているなと思って幸せです。いつも頑張るスンヨンになるため、頑張ります」と意気込みを加え、ハラは「久しぶりにみなさんとお会いして、しかも今日は初日だったので緊張したんですけど、一緒に歌って踊ってくださるみなさんのことを見て、本当に幸せでした」とファンの愛に明るく応えた。

 

写真-2

また終盤には、前日の10月7日に22歳の誕生日を迎えたニコルへのサプライズな演出も準備。会場全体で誕生日を祝うと、用意されたバースデーケーキのロウソクの火を一気に吹き消したニコルは、「みなさん、誕生日のメッセージをたくさん送ってくれて、ありがとうございます。愛してます!」と感謝の気持ちをとびっきりの笑顔で表した。

続けて「何回も祝ってもらいましたけど、毎回驚きです。びっくりした。みなさんも私の誕生日にメッセージとか送ってくれて、本当にありがとうございます」と、感動と感謝のあいさつをし、メンバーと観客から大きな声で「おめでとう」という言葉が贈られた。

 

衣装を替えて「ミスター」など4曲を歌った後、ギュリが「いつもみなさんに支えてもらって、本当に幸せだと思います。ありがとうございます!」 と、感謝の言葉で締めくくり、最後まで全力投球のステージをファンに届けて終了した。

 

この日、KARAは遊園地「KARASIA」で、大歓声を浴びながらヒットシングルや8月にリリースしたニューアルバム「FANTASTIC GIRLS」の収録曲など、全25曲を最高のパフォーマンスで魅せた。

思い出の1ページをファンとともにKARAの魅力をいっぱいに詰めてつづり、ツアーの初日を飾った。

横浜アリーナ2days(10/8、9)のあとは、マリンメッセ福岡(10/16、17)、大阪城ホール(10/23、24)、名古屋 日本ガイシホール(10/29、30)、サンドーム福井(11/9、10)、さいたまスーパーアリーナ(11/19、20)、神戸ワールド記念ホール(11/23、24)でライブを行い、計7都市14公演で約12万人を動員予定。大きくスケールアップした今回のツアーによってKARAは、その実力と新たな魅力をしっかりとアピールすることになりそうだ。

 取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

KARA JAPAN OFFICIAL FANCLUB: http://www.karaweb.jp/ 

 

 

 

2013.10.24

blank