【時代劇が面白い】5人の高官/朝鮮王朝人物集成8

歴史に名を残した2人
◆趙光祖(チョ・グァンジョ)
〔1482~1519年〕
大変優秀な高官で、11代王・中宗(チュンジョン)に重用された。それに応えて、中宗に対して倫理観に基づいた儒教的な王道政治を勧めた。しかし、中宗の即位に功績があった高官たちを「権力を独占している」と批判して多くの政敵をつくってしまった。結局は、謀略によって失脚させられて死罪となった。

◆朴文秀(ぼく・ぶんしゅう/パク・ムンス)
〔1691~1756年〕
地方役人の不正を正す捜査官「暗行御史(アメンオサ)」の代表人物として、時代劇の主人公にもなっている。

元は、歴史を編纂する優秀な官僚だった。順調に出世していたが、33歳のときに権力争いに巻き込まれて官職を剥奪された。3年後に復職。以後は、暗行御史として各地を巡回し、役人の腐敗を徹底的に調べて庶民の喝采を浴びた。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
チャレソ提供:http://chaleso.com/

5人の世子/朝鮮王朝人物集成1

5人の国王・無念編/朝鮮王朝人物集成2

5人の国王・悪評編/朝鮮王朝人物集成3

5人の王妃・女傑編/朝鮮王朝人物集成6

5人の女性/朝鮮王朝人物集成7

2021.10.26

blank