「公式」マーブル映画「エターナルス」、BTS(防弾少年団)「Friends」のOST収録…“特定シーンに出てくる予定”

映画「エターナルス」が、グループBTS(防弾少年団)の「Friends」などを盛り込んだオリジナルサウンドトラックリストを公開した。
外信「THE DIRECT」は17日、「エターナルス」のオリジナルサウンドトラックリスト15曲を公開した。この中には、BTSの4thフルアルバム収録曲「Friends」が含まれており、驚きを与えている。 「Friends」は、昨年2月に発表したBTSのメンバージミンが初めてプロデュースを引き受けた歌として話題を集めた。友情に関する率直な話を伝える。


この曲は、「エターナルス」の中の特定のシーンに出てくる予定で、果たしてどのようなシーンにBTSの音楽が使用されるのかに対する関心最高に引き上げている。
この日一緒に公開されたリストには、カール・パーキンス、スキータデイビス、マール・ハガード、ピンク・フロイド、リゾなど時代と世代を超えた様々なジャンルのアーティストの音楽が公開された。カントリー、ロック、ポップ音楽だけでなく、バッハのクラシック音楽なども収録されたと伝えられて特別さを加えている。「MCUの多大な影響を与える作品。全く新しい方向性を提示するだろう」とケヴィン・ファイギが伝えるほどに、音楽からスペシャルクラスで観客の期待をさらに高めている。


マーベルスタジオの「エターナルス」は、数1000年に渡ってその姿を現わさず生きてきた不滅のヒーローたちが「アベンジャーズ:エンドゲーム」以来、人類の最も古い敵「デビアンツ」に対抗するために戻ってきて力を合わせながら繰り広げられる物語を描いた映画だ。韓国俳優マ・ドンソクがギルガメッシュ役で参加し、関心を加えた。11月3日に公開予定。

2021.10.19

blank