俳優キム・ヨンジェ、新ドラマ「財閥家の末息子」に出演決定...ソン・ジュンギの父親役に


俳優キム・ヨンジェが新ドラマ「財閥家の末息子」の出演を確定した。

所属事務所ULエンターテインメントは、キム・ヨンジェがJTBC「財閥家の末息子」に合流しすると伝えた。

「財閥家の末息子」は財閥の総帥一家のオーナーリスクを管理する秘書のユン・ヒョヌ(ソン・ジュンギ)が財閥の末息子チン・ドジュンに生まれ変わり、2回目の人生を生きるファンタジー転生ドラマだ。同名のウェブ小説を原作にしている。

キム・ヨンジェは劇中、チン・トジュンの父親チン・ユンギ役を演じる。チン・ユンギは財閥一家の末息子で、いつも穏やかな表情をしているスイートガイで、思いやりのある優しい人物。他の兄弟たちが肉食系 だとしたらチン・ユンギは草食系だ。キム・ヨンジェは格別なファッションセンスの上、すらりとしたビジュアルを誇り視聴者の注目をひきつける予定だ。

キム・ヨンジェはこれに先がけ、tvN「秘密の森2」と「マウス」に出演し、格別なキャラクターを演じきり強烈な存在感で視線を集めた。最近放送中のtvN「ハイクラス」に続き、JTBC「工作都市」にも出演が決定し、活発な活動を続けている。「ハイクラス」では、優しい夫の顔の裏に秘密を持つ イ・ジョンウ役で活躍中であり、「工作都市」では大企業ソンジングループの副会長で冷たく冷静な性格のチョン・ジュンイル役を演じ全く違う役柄を演じることを予告し、多彩な演技に期待が集まっている。

ジャンルを問わず劇中のキャラクターを200%演じきり、ドラマへの没入度を高めると同時に作品を豊かにするキム・ヨンジェが「財閥家の末息子」に合流が決定し、今後彼が見せる活躍に期待が高まる。

JTBCの新ドラマ「財閥家の末息子」は、2022年に放送予定だ。

2021.10.14

blank