「SISTAR」ダソムの主演作「フランス映画のように」 第16回JIFFで初公開

「SISTAR」ダソムの主演作「フランス映画のように」 第16回JIFFで初公開

韓国ガールズグループ「SISTAR」ダソムが主演を務めた映画「フランス映画のように」(原題)が第16回全州国際映画祭(JIFF)で初公開される。

第16回全州国際映画祭側は31日、ソウル・汝矣島(ヨイド)CGVにて公式記者会見を開き、審査委員や開幕作など映画祭の話を伝えた。

特にことし新たに試みる野外上映セクションにシン・ヨンシク監督の「フランス映画のように」が名を連ねて目を引いた。

「フランス映画のように」はシン・ヨンシク監督の新しいオムニバス映画で、監督特有のセリフや駆け引きする男女の事情が4つの物語を通じて描かれた作品。シン・ヨンシク監督の作品の中で最も大衆的な恋愛談を描く作品でもある。

ダソム(SISTAR)が主演でキャスティング、初スクリーンデビューに挑戦している作品でもあり、映画ファンの関心を集めている作品だ。

「フランス映画のように」は最後の野外上映作で、授賞式終了後に上映される予定だ。

一方、第16回全州国際映画祭は来る4月30日から5月9日までの約10日間、韓国・全州一帯にて開催される。

WOW!korea提供

2015.03.31

blank