「取材レポ」パク・ユファン、初ファンミでJYJのアドバイスを実践! ラップ&自宅公開も

DSC_2086

 

JYJのユチョンの弟として話題を集め、2011年にドラマ「きらきら光る」で俳優デビュー後、「階伯[ケベク]」「千日の約束」で注目を浴び、「美男<イケメン>☆スター誕生」では主演の座を射止めた期待のニュースター、パク・ユファン。彼のドラマ初主演作「美男<イケメン>☆スター誕生」のDVDリリースを記念し、10月20日(日)、東京・山野ホールにてDVD購入者限定のパク・ユファン1stファンミーティングが開催された。

今回のファンミーティングは2部構成で、1部は「美男<イケメン>☆スター誕生【ノーカット版】」DVD-BOX1の購入者、2部は同DVD-BOX2の購入者が招待され、それぞれイベントが行われた。

この日はあいにくの雨だったが、会場はパク・ユファンの初めてのファンミーティングという記念すべき瞬間を目に焼き付けるため、開場前から長蛇の列。全国からファンが駆け付け、開演前は彼の登場を待ちわびるファンの熱気に包まれていた。

 IMG_8218

そんな中、いよいよ1部がスタート。司会の古家正亨がパク・ユファンをステージに招き入れると、ファンは割れんばかりの大歓声と拍手で迎え入れた。はにかんだようなキュートな笑顔で登場したパク・ユファンは「皆さんこんにちは。パク・ユファンです。今日は僕の日本初ファンミーティングにお越しくださいまして、ありがとうございます。皆さんにすごく会いたかったです。今日は楽しい思い出を作りましょう」と流暢な日本語であいさつし、ファンを驚かせた。

今回のファンミーティングのために、いろいろな努力をしてきたというパク・ユファン。どんな準備をしてきたのか、その模様を収めた映像が流れ、日本語のコメントの練習をしているユファンの姿が写し出された。と、そこにJYJのジェジュンが応援に駆け付け、日本語の発音を指導し、「ユファン君のファンミーティングにぜひ来てください」とコメント。続いてジュンスが現れ、「言葉より、大切なのはファンの皆さんに対する誠実な気持ち、温かいまなざしと心からの笑顔」とアドバイスを送るなど、ほのぼのとした微笑ましい光景が。

これを見たパク・ユファンは「初めてのファンミーティングで緊張しているんですが、いいアドバイスをもらったので、少し自信が持てました。ジェジュンさんとジュンスさんは、社会に出て知り合ったお兄さんたちなので、仕事において、いろいろなアドバイスをしてくれます。この日はグラビアの撮影をしていたんですが、僕にたくさんのアドバイスをしてくれました」と説明。そして、「この言葉を伝えたくて練習しました」とし、日本語で「今日いらっしゃった皆さん、美しいです」と話すと、会場は大興奮となった。

 

前日に日本入りし、大好きなとんかつを食べ、六本木の街を歩いたというパク・ユファン。ここからは、司会者の質問に答える形で、じっくりとトークを展開。

役者になりたいと思ったきっかけは、「子どもの頃から夢がなかったのがストレスだったんですが、兄がドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』の演技レッスンを受けている様子を見たとき、“あ、これだ、これがやりたい”と思ったんです。兄が“この仕事は大変なこともあるけれど、やりたいならチャレンジしてみれば。僕が助けてあげるから”と言ってくれたので、勇気を持って挑戦することができました」と明かすと、兄弟愛の深さに会場からは温かい拍手が送られた。

 IMG_8277

さらにユチョンについて、「自分の兄ながらカッコいいなと思います。プロらしい姿に驚かされるし、あんな風になりたいなと尊敬しています」と敬服する一方、唯一勝てるところは「肌。僕は普段から肌ケアをしていますが、兄はあまりしていないようなので(笑)」と白いモチモチ肌をアピールした。

 

また、「美男<イケメン>☆スター誕生」でコ・ウナ演じるスンヨンのようにボーイッシュな女性がタイプなのか、女性らしい人がタイプなのかを聞かれたパク・ユファンは「外見のどこかにこだわるというよりは、フィーリングを大事にしますね。お互い通じ合うものがあれば、それでいいと思います。性格が大事だし、内面のハートを見るので、外見は気にしません。スンヨンのような人も魅力的だと思うし、通じ合うものがあれば、全て可能だと思います」とニッコリ笑い、ファンをキュンとさせた。

 

今度はファンからの質問タイム。「今知っている日本語で好きな言葉は?」と聞かれたパク・ユファンは「愛してる」と答え、さらにファンをメロメロに。また、「結婚願望はありますか?」という直球な質問に「結婚ですか?」と戸惑いながらも、「まだこの歳なので、具体的に結婚を考えたことはないんですが、いつかは結婚して幸せな家庭を作るのが目標です。いつかはきっと結婚するでしょう」とハニカミながら答え、「何歳までOKですか?」という質問には「正直に言うと、年齢は一切気にしません。10歳上でも構いません。ダメなはずないですよ。通じ合えば、全て可能ですから(笑)」と答え、会場からは歓喜の拍手が沸き上がった。

 IMG_8276

「美男<イケメン>☆スター誕生」Q&A映像クイズコーナーへと移り、同作の出演者コ・ウナとチン・ヒョクから問題が出題され、正解者にはパク・ユファンのサイン入りポスターがプレゼントされた。

さらに、ファンへのプレゼントとしてJYJのメンバー、3人からの応援メッセージ映像が流れた。最初に登場したジュンスは「ユファン、このファンミーティングが上手くいったら、僕がオヤジギャグを伝授してあげるからね」と話し、爆笑をかっさらった後、ユチョンは「ユファンが日本でファンミーティングをするということで、家では弟のように…、実の弟ですが(笑)、兄として弟の成長をうれしく思います。ユファンが世界をまたにかける俳優になってくれたらいいなと思っています。心の中ではいつも応援しています。僕は今映画の撮影中なので、いつ会えるか分からないけれど、撮影が終わったら家でゆっくり一緒に食事をしよう」と弟思いの彼らしいコメントで、会場をジーンとさせた。最後は日本語でジェジュンが「皆さん、ファンミーティング楽しんでいますか? ユファン君のドラマ、皆さん見ましたよね? そのドラマの中で、ユファン君が演じたトップスターのキャラ、僕も1回くらいやってみたいなと思っていたので、うらやましいね、ユファン君。今日も最後まで楽しい時間、幸せな時間を楽しんでください」と愛情のこもったメッセージで締めくくった。パク・ユファンは「感動しました。ありがたいです。本当にステキ兄さんたちだなと感じました」と感激した様子を見せた。

 

続いて、視聴者が選ぶ「美男<イケメン>☆スター誕生」好きなシーンベスト3の発表。3位は、ウヒョンとスンヨンが雨の中を濡れながら走るシーン、2位はウヒョンがうさぎの着ぐるみを着たシーン、1位はウヒョンとスンヨンの映画館デートシーン。パク・ユファン本人も、初めて着たという着ぐるみシーンが一番楽しかったそうで、「顔が隠れると、自信が湧いてくるんです(笑)。カメラが回っていないときも、着ぐるみを着てあちこち回り、すごく楽しかったです」とやんちゃぶりが垣間見られるエピソードを披露した。

 

また、パク・ユファンはさらにファンを喜ばせるため、映像で自宅を初公開。広々とした開放的な部屋で、台本を読んだりゲームをしたりするというパソコン机、兄ユチョンから奪ったというイス、ハマって買い込んでしまい、母や兄に飽きられているというマジックの小道具、ジュース、水、パックなどが入っている冷蔵庫、レースゲーム機、ベランダなどを紹介。ベランダでは、朝起きてからミネラルウォーターを片手にベンチに座り、太陽の日差しを浴びるそうで、ここでユチョンが名付けたという愛犬のトイプードル「ノレ」(韓国語で「歌」の意味)も公開した。

 DSC_2078

映像でプライベートな空間をファンに見せた後は、ステージで得意だというラップを披露。エミネムの「Lose Yourself」を選曲したパク・ユファンは、先ほどまでのえくぼの出るキュートな笑顔から一変。キリリとした表情に変わり、英語のラップをクールなパフォーマンスで魅せた。

そして、最後にプレゼント抽選会で私物の帽子を一人にプレゼントしたユファンは、ステージで全員とハイタッチをして1部のファンミーティングを終えた。

「初めてのファンミーティングで緊張しましたが、雨の日にこのように皆さんに来ていただき、感謝しています。初めてというのが、いかに重要か分かっています。今日は忘れられない日になりました。皆さんにとっても、大切な日になればうれしいです。これからも応援してください。頑張ります」と語り、初ものづくしで緊張と興奮の中、日本のファンと触れ合ったパク・ユファン。ジュンスのアドバイス通り、誠実な気持ち、温かいまなざし、心からの笑顔はきっとファンに届いたことだろう。

 

取材:Korepo(KOREAREPORT INC)

 

「美男<イケメン>☆スター誕生」BS11にて、毎週月曜夜10時~好評放送中!

パク・ユファン都内ロケの模様は11月11日(月)、

共演者・JYJコメント入り本イベント映像は12月2日(月)夜11時~「韓ラブ」にて放送

 

「美男<イケメン>☆スター誕生【ノーカット版】」コレクターズ・ボックス1&2 発売中

各¥13,650(税込) 発売元:コンテンツセブン/販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

©Victory Production ©2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

2013.10.23

blank