強烈なビジュアル…Netflix新シリーズ「マイネーム」ハン・ソヒ、パク・ヒスン、アン・ボヒョン、アンサンブルポスター公開


Netflixの新シリーズ「マイネーム:偽りと復讐」(英題:My Name)がハン・ソヒ、パク・ヒスン、アン・ボヒョンの強烈なビジュアルを描いたアンサンブルポスターを公開した。

父親を殺した犯人を探すために組職に入った「ジウ」が、新しい名前で警察に潜入した後に出くわす冷酷な真実と復讐を描いたNetflixシリーズ「マイネーム」の個性あふれるキャラクターたちによる予測できない関係と、リアルなアクションを予告するポスターだ。

今回公開されたポスターは、赤い照明が加えられた灰色の建物で繰り広げられる東川派と麻薬捜査隊の激しい死闘を描き出し、張り詰めた緊張感を醸し出す。 復讐という目標に向かって走る3人の感情とアクションは、ジャンル的雰囲気を高め、期待を倍増させる。 自分の名前を捨てて父親を殺した犯人を探すために「オ・ヘジン」という名前で警察に潜入した「ジウ」役のハン・ソヒは、今まで見たことのない固い視線で悲壮さをあらわす。「ジウ」をメンバーとして受け入れ、警察にアンダーカバーで潜入させたムジン役のパク・ヒスンは、本音が分からない重い表情で作品に対する好奇心をかき立てる。 「ジウ」のパートナーになった麻薬捜査隊刑事「ピルド」役のアン・ボヒョンは、鋭い目つきで強烈な存在感を発揮し、今後の展開に注目を集めている。 組織のボスとアンダーカバー、そして警察まで…。 ハン・ソヒ、パク・ヒスン、アン・ボヒョンが描き出す立体的なキャラクターの予測できない関係が視聴者をひきつける予定だ。

「人間授業」のキム・ジンミン監督が披露する新しいアクション「ノワール」ジャンルの魅力と密度の高いドラマ、ハン・ソヒ、パク・ヒスン、アン・ボヒョンのしっかりとした演技アンサンブルが期待される「マイネーム」は、10月15日にNetflixで全世界190カ国での公開が予定されている。

WOW!Korea提供

2021.09.27

blank