パク・ソジュンに“ノーマスク”騒動?英ロンドンで“親友”ソン・フンミンの試合を観戦


韓国俳優パク・ソジュン(32)が“親友”ソン・フンミン(29/トッテナム)を応援するため競技場を訪れたことが話題となる中、“ノーマスク”騒動に見舞われている。

パク・ソジュンは27日、ロンドンのエミレーツ・スタジアムでおこなわれたサッカープレミアリーグ「アーセナル」VS「トッテナム」戦の観客席に姿を見せた。

パク・ソジュンはトッテナムの今シーズンのユニフォームを着用し、知人たちと試合を観戦。試合前に顔が中継カメラに映し出された。パク・ソジュンは最近、米マーベル・コミックの映画「ザ・マーベルズ」にキャスティングされ、ロンドンで撮影をおこなっている。撮影の合間を縫って親友の試合を見にノース・ロンドンを訪れたものと見られる。

しかしその後、オンライン上ではさまざまな意見が飛び交っている。パク・ソジュンが“ノーマスク”状態で観戦していたからだ。ただし、試合後半にはマスクを着用していた。

現在、英国は室内でのマスク着用など防疫規定が緩和され、“ウィズコロナ”の局面に入った。サッカー競技場や公演会場などはワクチンの接種証明書があれば“マスクなし”で出入りが可能だ。この日も大部分の観客がマスクを着用していなかった。しかし、ボリス・ジョンソン英首相は密接した場所ではマスクを着用するのが「常識であり礼儀だ」と述べている。

パク・ソジュン一行は初めからマスクを着用していたが、「マスク着用が礼儀」という点で一部でパク・ソジュンのノーマスクを問題視した。反対に「英国でのノーマスクは問題ない」との反応も多い。

WOW!Korea提供

2021.09.27

blank