iKON、“一緒に暮らして10年”家族のようなメンバー&iKONICへの思い…「メンバーやファンと一緒にいる時、生きていると感じる」

グループiKONがメンバーとの友情を再確認。そしてファンと大切な思い出を共有した。

24日に公開されたwavveオリジナルリアリティ番組「好みのiKON:One Summer Night」の最終回では、これまで伝えなかったメンバーたちの心のこもった告白が続いた。

iKONは練習生時代の話や最近の悩みを明かし、メンバーやiKONIC(ファンの愛称)に向けた気持ちを伝えた。

CHANは“自分が生きていることを感じる瞬間”として「メンバーやファンと一緒にいる時」と述べた。 彼は「iKONを通じて“生きる”理由を見つけたという方々がいる。そういうメッセージを見ると本当にありがたい」と話した。

JAYは応援のメッセージひとつ見るだけでも元気が出ると伝えた。 彼は「“これこそiKONだよね”という言葉が一番記憶に残る」とし、「ひとりのお話だけでもとても大きな力になる。自信をもらう」と話した。

今後の活動計画にも触れ、カムバックに対するファンの期待を高めた。DKは「多様な色が盛り込まれたアルバムになったらいいな。コンセプトからティーザー、ミュージックビデオ一つ一つ全てに気を遣って誰が見ても“わあ、腕を磨いて戻ったね”と言われるといい」と伝えた。

「好みのiKON:One Summer Night」はメンバーの2泊3日間のカンヌン(江陵)での旅行記録を収めた単独リアリティ番組だ。長年共にしてきた彼らが互いについてどれほど理解しているかどうか知る時間を持った。

iKONの幻想的なケミは旅行前から爆発した。お互いの最近の気になることを当てたり、旅行に必要なアイテムまで丁寧に準備してあげたりした。 iKONは「一緒に住んで10年だ。 本当に家族のようだ。一緒に過ごした時間が長いので知らないことのほうがないくらいだ」と自信満々に述べた。

2021.09.24

blank