ASTROジンジン、新型コロナウイルス感染…ムンビン、ユンサナは陰性判定

グループASTROのジンジンが新型コロナウイルスの陽性判定を受けた。

所属事務所ファンタジオは19日、ASTROの公式ファンコミュニティを通じて「16日、所属アーティストであるジンジンのコンディションが低下し、すぐにPCR検査を受けた。検査の結果、陰性判定を受けた」としながら「だが、18日から再び健康の異変を感じ、再度PCR検査を進め、検査の結果、19日に陽性判定を受けた」と伝えた。

メンバーのムンビンとユンサナは陰性判定を受けた。

ファンタジオは20日、ASTROの公式ファンコミュニティを通じて「19日、所属アーティストのムンビン、ユンサナは動線が重なったジンジンの陽性判定を受け、直ちにPCR検査を行った」とし「20日午前、ムンビン、ユンサナは陰性判定を受けており、防疫当局からのコロナ感染者との濃厚接触による自己隔離対象者に分類されたため、予定されていたすべてのスケジュールを直ちに中断し、自己隔離を進めるようになった」と付け加えた。

ファンタジオは「多くの方々にご心配をおかけした」とし「今後も弊社は、防疫当局の指針に誠実に従い、今後の活動再開等を決める計画であり、アーティストの健康と安全に最善の努力を尽くす」と付け加え、立場を伝えた。

2021.09.20

blank