韓国ドラマ「私たちが出会った奇跡」5話

2018.04.17

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。

16日に放送されたKBSドラマ「私たちが出会った奇跡」5話では、ヘジン(キム・ヒョンジュ)がヒョンチョルA(キム・ミョンミン)に電話をして息子のガンホ(ソ・ドンヒョン)の問題で話があると言う様子が描かれた。

しかしヒョンチョルAha「勝手にしろ」と言って電話を切った。

ヒョンチョルAは親しく過ごしたというヒョジュ(ユン・ジヘ)から「ヒョンチョルB(コ・チャンソク)がしていない融資のねつ造をあなたがしたのではないか」と言われてショックを受けた。

ヒョンチョルBの魂が入ったヒョンチョルAに女性からメッセージが届いた。ヒョンチョルAは「天下の遊び人!一体女が何人いるんだ」と叫んだ。メールを読んで向かった先はスポーツセンターだった。

ヒョンチョルAはトレーナーに「こうして多くの男性トレーナーの中で、どうしてあなたをトレーナーにしたのですか?二人はもしかして?妻もいて愛人もいる奴が!」と不倫を疑った。

クムニョ(ユン・ソックァ)はヘジンの所へ行って、夫の管理をちゃんとするように言った。

ガンホが家出をして、友人と夜道を自転車で走っていて交通事故に遭いそうになった。居眠り運転をしているトラックにひかれそうになった。大きな事故に遭いそうになった王匡で、天上界から来たメッセ―ンジャーのアト(KAI(EXO))が登場し、トラックを止めて子どもたちを助けた。トラックを止めた姿にガンホと友人たちは、開いた口が塞がらなかった。

アトは「ここから300mほど行けば寝るところがある。今日はそこで寝て、明日家に帰れ」と笑みを浮かべた。実際に300nほど行くと泊まるところがあり、ガンホたちは再び驚いた。

 

WOW!korea提供