「インタビュー」「覆面歌王」Nine9、「“親友”ジョンヒョン(SHINee)失い、ほぼ自宅で静かに過ごしていた」

2018.03.12

Q.昨年、親友を失った後、バラエティへの出演決定は簡単ではなかったと思うが。
わたしにとって昨年はあまりにも苦しい年で、絶望的な時間でした。いつにも増して死を近くに感じ、本当に大切で愛する友人を失いました。わたしに残ったのは悲しみと空しさだけでした。何もわたしを癒してはくれませんでした。しかし、歌うときほど、生きていると感じられることはありません。歌うために呼吸するとき、その瞬間だけがわたしが生きていることを実感できるのです。どのときよりも、歌うステージが切実でした。

Q.「覆面歌王」のステージを終えた直後の気分は。
準備した歌3曲すべてを歌いました。3曲も続けて聴いてもらえる場は多くありません。歌えるという事実、準備したすべてをお見せできたという事実だけでも満足でした。最高の舞台を作るために努力するスタッフに本当に感謝しています。

Q.多くの応援が続いている。今後の活動計画は。
応援されることにあまり慣れていません。わたしは以前のように、今後も歌い続けます。良い歌を作って、良い声で歌いたいです。

 

WOW!korea提供

  • 故ジョンヒョン(SHINee)が遺書を託した女性アーティストNine9(Dear Cloud)とは
  • 【全文】「SHINee」ジョンヒョン、NINE9を通じて遺書公開 「お疲れさまと言ってほしい」
  • 故ジョンヒョンの遺書公開したNine9側「公演数日前に遺書が届いた。最後の連絡は死去当日」
  • 女優チョン・ユミ、ラジオ番組で故ジョンヒョン(SHINee)作詞・作曲の曲を選曲