「2PM」Jun.K、ニックンの教訓生かせなかったか…6年前に飲酒運転で摘発

2018.02.13

韓国ボーイズグループ「2PM」メンバーのJun.Kが免許停止レベルの飲酒運転で摘発され、活動を全面中断した。6年前にはニックンも飲酒運転で摘発されている。

Jun.Kは10日午前7時頃、ソウル市江南区の道路で飲酒運転をしていて警察の取り締まりで摘発された。当時、Jun.Kの血中アルコール濃度は0.074%で免許停止レベルだった。

「2PM」メンバーの飲酒運転は今回が初めてではない。2012年7月24日にニックンが飲酒運転で摘発されたことがある。

ニックンはJYPの事務所スタッフらと公演の練習後にビールを飲み、合宿所に帰るために運転して、ソウル市内の道路でオートバイと接触事故を起こした。警察による飲酒測定結果は0.056%で免許停止の処分を受けた。

(2ページに続く)

 

【全文】「2PM」Jun.K、飲酒運転についてファンやメンバーに謝罪

「イベントレポ」2PM ウヨン、韓国初の単独コンサートを成功裏に終了!独特なステージ構成に約6000人のファンが熱狂

【公式全文】JYP側、「2PM」Jun.Kは飲酒運転で反省中…今後の活動を中止に

「2PM」Jun.K、飲酒運転で摘発…血中アルコール濃度は0.074%で免許停止レベル