「インタビュー」「サークル ~繋がった二つの世界~」ヨ・ジングさん オフィシャルインタビュー

2017.12.06

©STUDIO DRAGON CORPORATION

 

Q. PART1のキム・ウジンとハン・ジョンヨン VS PART2のキム・ジュニョクとイ・ホスのカップルの演技の相性はどうでしたか?また、PART2の撮影現場で羨ましかったことはありますか?
ヨ・ジング: 逆に難しそうだなと思いました。役柄としては、ウジンの役も深くて、辛い現実と向き合う設定でしたが、PART2は多くがCGを必要とする演技だったので、あれは難しそうだな、苦労しただろうなと思いましたね。なので、僕はPART2を視聴者の目線で見たような気がします。(笑)

PART1のウジンとジョンヨンのラブラインは、皆さん少し物足りないと思うかもしれません。作品をご覧頂ければお分かりになると思いますが、二人とも平凡な設定のカップルではないため、この二人にくっついて欲しいなと思いながらも、あー、難しいかもしれないと感じると思います。PART2のジュニョクとホスのカップルは、お互いギクシャクしながらもブロマンスがあって、楽しく可愛くご覧になれると思います。(笑)

Q. 後半部分のキム・ウジンとキム・ジュニョクの再会シーンが印象的だったのですが、どんな心情でしたか?
ヨ・ジング: 理解するのが少し難しかったですね。20年後に、自分は2017年の姿そのままで、そこで初めて見る人が、20年経った自分の探していた兄ということが、演技をしながら凄く難しかったです。しかし、自分も自身に確信を持てなくて苦しんでいる時に、ウジンをずっと否定していた人が、弟として認めてくれたことで瞬間感情がこみあげましたね。実際、撮影も感動的に撮影をして今でも記憶に残っています。

Q. ヨ・ジングさんが選ぶ「サークル」の名場面はどのシーンですか?
ヨ・ジング: 凄く大切にしている作品なので一つのシーンを選ぶのが難しいですが、そうですね・・・最後のエンディングのシーンが今でも記憶に残っていますね。ビルの屋上で、事件に関係する人物が一つの場所に集まって、最後を締めくくるシーンで、その時なぜかこの20年の長い年月の事件が遂に終わりを迎えるんだなと思いました。共演者の方ともこのシーンについて色んな話をしました。「サークル」は沢山のシーンが思い浮かびますが、最後のシーンが、爽快でありながら、心の中のつっかえが取れる感じが記憶に残っています。

Q. “記憶”がキーワードだったドラマでしたが、ヨ・ジングさんが今までの人生の中で消したい記憶、ずっと覚えておきたい記憶はありますか?
ヨ・ジング: 消したい記憶は、誰もがそうだと思いますが、滑ったとか、道で転んだとかそうゆうことだと思います。(笑)常に忘れたくない記憶は、ファンミーティング?ファンの方の前に立った時のことは忘れられないですね。俳優という職業柄、ファンの方とお会いできる機会があまりなく、申し訳ないのですが、ファンミーティングの時に来てくださって,沢山応援して下さるので凄く記憶に残ります。

(4ぺージに続く)

 

ヒット連発のtvNが贈る!ヨ・ジング×キム・ガンウ×Highlightイ・ギグァン!「サークル~繋がった二つの世界~」2018年2月2日にDVDリリース決定!

「PHOTO@ソウル」俳優ヨ・ジング、アン・ジェヒョンら、ドラマ 「再開した世界」の打ちあげに出席

「再会した世界」イ・ヨニ&ヨ・ジング、キスでお互いの気持ちを確認

俳優ヨ・ジング、”子役のイメージは、老け顔と低い声のおかげで自然に克服”