YGヤン・ヒョンソク代表「MIX NINE」で見せたKNKの意外な魅力を絶賛

2017.11.13

写真=JTBC「MIX NINE」放送画面キャプチャー

 

KNKがJTBC「MIX NINE」で意外な魅力を見せた。

昨日(12日)午後、韓国で放送された「MIX NINE」にはKNKが出演し、YG ENTERTAINMENTのヤン・ヒョンソク代表とBIGBANGのSOLの前でオーディションを受けた。

メンバーのオ・ヒジュンは、ユ・スンウの「My Son」を「SOLとミン・ヒョリンのように恋愛したい」という歌詞に替えて歌うセンスを見せ、笑いを誘った。キム・ユジンはBruno Marsの「The Lazy Song」を、チョン・インソンはTimの「Love Is…」を歌った。

ヤン・ヒョンソク代表は「退屈でありきたりだ。アイドルグループがどうしてこんな歌を選曲したのかわからない」と話し、選曲の残念さを表した。ヤン・ヒョンソク代表は続けて「KNKというグループの長所の1つにダンスがある?」と質問すると、パク・スンジュンは「僕たちは皆できます」と、自信ありげに次の曲を披露した。

KNKは最後のチーム曲として、パク・ジニョンの「You’re the one」を選曲して、安定的なライブと5人のメンバーの背の高さが目立つ、セクシーなダンスで目と耳を虜にした。

これにヤン・ヒョンソク代表は、さっき言っていた酷評を忘れ「意外だ。意外な魅力がある」と話し、満足そうな表情を見せた。そんな中、KNKのメンバーで誰が合格したのかは来週の放送で公開される予定であり、期待が高まっている。

「MIX NINE」は、毎週日曜日午後4時50分に韓国で放送中だ。

 

元記事配信日時 : 2017年11月13日09時28分 記者 : ソン・イェジ、翻訳 : 浅野わかな

10asia+Star JAPAN http://10asiajapan.com/