「コラム」韓国での「郷に入れば郷に従え」は何か?

2017.11.13

韓国ドラマを見ていて、細かい行動に違和感を感じることがないだろうか。それは、日本と韓国ではやはり風習が明らかに違うからだ。似ているようで似ていない日本と韓国。どんなところに日本人が違和感を持つかを明らかにしてみよう。

 

「様」のオンパレード

韓国ドラマを吹き替え版で見ると、実に丁寧な敬語が話されていて、好感を持っている視聴者も多いことだろう。しかし、実際の言葉はもっと丁寧だ。韓国の敬語は吹き替え版をもってしても、こまかく表現できないのである。
とにかく、韓国では身内を呼ぶときにもていねいな敬語を使うのが当たり前だ。これは、職場の上司から1歳上の先輩まで多岐にわたる。

たとえば、韓国ドラマを見ていると「○○ニム」という発音をよく耳にするだろう。これは「○○様」という意味で、日常的に使われる「ヒョンニム」「ソンセンニム」「プモニム」は、それぞれ「兄様」「先生様」「両親様」となる。いわば、「様」のオンパレードである。

また、職場の電話などで相手からの応対をするとき、日本では上司であっても社内の人間を呼び捨てにするのが当たり前だが、韓国では違う。相手から上司に電話が掛かってきたときも、日本なら「○○はただ今席を外しています」と上司を呼び捨てにするが、韓国の場合では「○○部長様はただ今席を外していらっしゃいます」という敬語になる。(ページ2に続く)