ソン・ドンイル「『必ず捕まえる』のアクションシーン撮影中に肋骨が骨折した」

2017.11.09

俳優ソン・ドンイルが映画「必ず捕まえる」のアクションシーン撮影中に、肋骨が骨折したと明らかにした。

ソン・ドンイルは9日、ソウル市江南(カンナム)区狎鴎亭(アックジョン)CGVで開かれた映画「必ず捕まえる」の製作報告会で「口で言うのは空中戦まで可能だけど、体でするのはとても辛い」と口を開いた。

ソン・ドンイルは「アクションが多い。結局アクションシーンの撮影中に肋骨が折れて、応急室まで行ったことがある。暴力は嫌いだけれど、その後もっと嫌になった」と当時を振り返って話した。

続いて「先輩たちとみんな一緒にしたので我慢して演じたけれど、良い画になった。後にはアクション欲が出てきた」と付け加えた。

「必ず捕まえる」は29日に韓国で公開される。

 

元記事配信日時 : 2017年11月09日11時55分 記者 : パク・スルギ、翻訳 : 浅野わかな、写真 : チョ・ジュンウォン

10asia+Star JAPAN http://10asiajapan.com/